[人気キーワード] フェティ  Abnormal  女装  アイコラ  ぶっかけ  募集  フレ  水着  エロティカ  エロ 

官能テキスト掲示板










★当掲示板は皆様が官能小説、エッセイ、体験談等を無料で愉しんでいただくことを目的としております。

★小説、体験談、エッセイ、詩、川柳等テキストコンテンツの更新時のお知らせ、広報活動等にご利用ください。「18禁」「非18禁」の別は問いません。ただし読書時に課金される等の営利目的利用はご遠慮ください。

★メル友募集・SNS勧誘・その他営利目的の書込みは禁止です。また、無修正画像、性行為画像(セックス・オーラルセックス問わず)の貼付は禁止としますが、ヌード、キス、抱擁、歓喜の表情等ソフトなものは可とします。違反された場合は連絡することなく記事も含めて削除させていただきます。繰り返し行なわれた場合は然るべき措置をとらせていただきます。

★掲載できる画像は500k以下です。当掲示板では管理人からレスはいたしません。

★当掲示板のご利用にあたって相互リンクの有無は問いません。

名前 ※
タイトル
URL
内容 ※ 絵文字入力

文字の色:
編集キー  
※印の項目は必須です。
画像・動画の投稿は書き込み後になります。書き込んだ後に出るフォームから投稿して下さい。
【PR】アダルト画像掲示板を作るならPic-bで!

✩更新しました✩ 投稿日時 - 2017/07/28 21:42
無料レンタル掲示板 Pic-b

ひとみの内緒話 

[ 編集 ]

-----
薄幸の女子高生ひとみ、叔父の愛を得ようと身体を……「なごり雪」第3章第1節をアップしました。
-----
「じゃあ、この淫乱なお嬢さんを感じさせてあげましょう」

 世話役の言葉に男達の動きが一層、濃厚になった。動きだけは優しい。
 皆、処女を感じさせると言う行為に夢中になっていた。

「いや・・・あ・・・あっ・・・」

 刺激に慣れていない初心なひとみなど百戦錬磨の男達にかかっては一たまりもなかった。
 無理やりに官能の扉を開かれていく。

「う・・・あぁ・・・んぁぁ・・・」

 声に湿り気が出てきた。身体が小刻みに震える。
 耐えようとして硬く握った手は無理に開かれ、かみ締めていた唇に指が差し込まれて耐える事を許してもらえない。

「んっ・・・あっ・・・あぁ・・・」

 ひとみの頭の中に甘い疼きがあふれてきた。
 止めようと思っても自分で止める事ができない。
 男達の舌は身体の感じる部分をやさしく這い回っている。

「うっく・・・はぁぁぁ・・・あぁぁ・・・」
 びくびくとひとみの身体が震え、背中が反ってくる。

「あぁぁっ! あぁん!」
 ひとみは生まれて初めての絶頂を好色な男達に寄って迎えさせられた。何も考えられなくなって、身体に電流が走ったような気がした。

「ひぃぃっ・・・」
 何度か喘いだあと、ぐったりとなったひとみから男達が身体を離した。
 皆、ひとみを上り詰めさせた事に喜びの笑いを浮かべていた。

 この会では本番はなしと言う決まりになっている。
 終わった後にそれぞれが別室でその為に呼んである女を抱くのだ。
 だが、男達は許されるならこのままひとみを犯してしまいたいような衝動にかられていた。
-----

http://marsearthrise.com/

「悪夢の特待生契約」更新 投稿日時 - 2017/07/28 19:19

png image

新・SM小説書庫2 

2017/07/28 (Fri) 19:16:55

お世話になります。「新・SM小説書庫2」管理人二次元世界の調教師です。「悪夢の特待生契約 34.本格野外露出調教(3)」を更新しました。

 排泄の後始末と媚薬塗り付けプレイを存分に楽しんだ安田に対して、前後バイブを抜いたのは良いが後処理に困っている松井と橋口はボヤいた。排泄物が付着したまま装着し直すのは不衛生過ぎて、恵美の体を損ねる危険があり、彼らには考えられない行為だった。マゾ女性はされるがまま被虐の快感を味わうだけで良く、責め手側の方が体を損ねたりしないよう気を使ってやるのがSMの常道である。すると傍目には酷い扱いをされているように見えるマゾ女性がいつしか心を通じ合わせて従順に服従してくれるのだ。心が通わないただの凌辱では、恵美がここまで変態マゾ娘に堕ちる事もなかっただろう。

 結局排泄を終えた恵美はノーパンで歩かされる事になり、時々イタズラっぽくミニスカをめくられるのがますます羞恥を煽ったが、それよりすぐに効いて来た媚薬による体の疼きの方が深刻だった。胯間から火を飲まされたような猛烈な疼きがズキンズキンと突き上がり、どんどん歩く速度が遅くなる。

ーーああ、おちんちんが欲しいよ! オマンコもオシリノアナもウズウズして、もう我慢出来ない! ど、どうしたらいいのお!

「十字架のある学園」更新です 投稿日時 - 2017/07/28 17:04
無料レンタル掲示板 Pic-b

赤星直也のエロ小説 

[ 編集 ]

お世話になってます、赤星直也です。
今回は「十字架のある学園」第44話をアップしました。

そして肩から下げると「直美さん、どういう事よ!」昌美は胸の赤い筋に声をあげた。
「ここだけじゃないの」ブラウスも脱ぎ、スカートも下げると太股も赤い筋がある。
それでも直美は下着も脱ぎ、全裸を晒していくと「酷い事をされたんだ!」由里も声をあげた。
直美は乳房や恥丘と全身が赤い筋で覆われている。

お時間に、余裕がありましたらお出で下さい。
http://akahosi2.blog84.fc2.com/

✩更新しました✩ 投稿日時 - 2017/07/28 12:58
無料レンタル掲示板 Pic-b

ひとみの内緒話 

[ 編集 ]

-----
容赦ない性奴隷調教「狙われた美姉妹 VIII」第1章 第1節をアップしました。
-----
 恵利香は非現実的な夢を見ていた。UFOに乗って現れた、不気味な8本足のタコみたいな宇宙人に捕まって、宇宙船に連れ込まれたのだ。
 そして裸に剥かれがっちりと拘束された自分の体をタコ足宇宙人が、なぶり始めたのだ!

 ヌラヌラと気色悪いタコ足がアソコとアナルを犯し、さらに余った足が乳房を弄り、乳首とクリトリスに吸盤が吸い付いて、恵利香は信じられない歓喜でのたうち回る。

 とりわけ強烈だったのはアナルに入ったタコ足で、初めは細いのがどんどん根元に近付くと太くなり、羞ずかしい事にそれが物凄く気持ち良いのだ。

 それから競うようにアソコにまでタコ足が入り込むと、それを夢中で締め付けてしまった恵利香は、大声で歓喜の声を張り上げながら何度も何度も昇天してしまう。

 そして最後に、宇宙人は恵利香の体に恐ろしい手術を施した。
 恵利香はその手術の内容を知らされないのだが、どうやら地球人を征服するためのデータを集める恐るべき手術らしい……
 
 おぞましいアナルトレーナーと手術のショックで自失していた恵利香が目覚めたのは早朝らしかった。
 そこは手術を施された調教部屋の中。明かりがついたままで時刻などは見当もつかなかったが、陵辱者達は皆引き上げて誰もいないようだ。

 ふと自分の置かれた状況を見やれば、昨夜と同じ、産婦人科の診察のように大きく脚を開いて背もたれの倒れた椅子に座らされ、股間をグッと突き出すようなあられもない格好でガッチリ拘束されていた。

 体には一切身に着ける物はなく、あの恐ろしいアナルトレーナーの振動球付きアームも引き抜かれていた。

 ーー私、一体……

 タコ足宇宙人に体の中まで陵辱される快楽にのたうち回った嫌らしい夢は妙に生々しく、まだ恵利香はえっちに興奮してドキドキしていた。
-----

http://marsearthrise.com/

長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2312★ 投稿日時 - 2017/07/28 07:35
無料レンタル掲示板 Pic-b

Mikiko's Room 

------------------------------------------------------
 ノースリーブだった。
 腕の出るアームホールは小さめなので、ノーブラでも乳房の裾野が覗くことはない。
 そして……。
 美弥子がこのワンピを選んだ最大のポイントは、そのシルエットだった。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

✩更新しました✩ 投稿日時 - 2017/07/27 21:21
無料レンタル掲示板 Pic-b

ひとみの内緒話 

[ 編集 ]

-----
それはペットではない!漆黒の首輪を嵌められた少女「闇色のセレナーデ」第24章第1節をアップしました。
-----
※※ 第24章 淫 乱 の 証 明 (1) ※※

「ま、待ってお兄ちゃん。藤波さんは関係ないの。わたしが……千佳が唆したの。こんな生活が嫌で、お兄ちゃんを罠に嵌めようとして。佐伯さんもよ。この人もわたしが誘って仲間にしたの。嫌がってたのに、無理やり……」

 責任を痛感した千佳が、和也の前に進み出ていた。
 卓造が止める間もなく、硬質な床の上で土下座をしてみせると、声を振り絞って哀願する。

「ふ〜ん、千佳お得意の色仕掛けでかい?」
「はい、そうです。わたしが、藤波さんと佐伯さんに……おっぱいを触らせてあげて……その、アソコ……ううん、オマ○コも見せて誘惑したの」

「だったらさ、再現して見せてよ。女の象徴を使ってどんな風に誘惑したのかさ。ふふふっ」
「え! あぁ……はい、分かりました。お兄ちゃん……」

 けれども千佳の必死の願いは、この男に届かない。
 淫語まで交えたデタラメな証言が、少女を恥辱の淵へと誘い込んでいく。

「やめるんだ、千佳ちゃん」
「千佳さん、どうかお止めください」

 仲間だった男二人の声も、今の千佳には雑音でしかなかった。
 伊達メガネだった細身なフレームの眼鏡を外した少女は、すくっと立ち上がるとブラウスを脱いでいく。

 半ばまでしか残されていないフロントのボタンを全て外すと、はだけた襟元から覗く乳房をそのままに、光沢のあるブラウスを肩から引き抜いた。

「こうやって、おっぱいを見せてから、お乳のお肉を下から持ち上げるようにして……」

 細くてしなやかな指が、未熟な乳房の肉を歪めていく。
 和也が正面に陣取り、その左右から卓造と藤波が目を伏せて突っ立っている前で、千佳が自らの手のひらで、バストを揉みしだいていく。

「何がどうなって……分からん……」

 ブツブツ呟きながら、忘れられていた緒方も這い寄ってきた。
 唯一仲間の匂いがする和也の横に並び立つと、触れそうで触れなかった少女の膨らみに両目を吸い寄せていく。
-----

http://marsearthrise.com/

『少女手コキ音声繁殖所(+ゆっくりボイス)』更新しました! 投稿日時 - 2017/07/27 20:45

jpg image

レメの官能小説 

『少女手コキ音声繁殖所(+ゆっくりボイス)』更新!

 夏の夜、トイレで手コキしてくれる親戚の女の子。
 ……玉揉みって下手くそな子にやられると辛いよね。
 ふぉぉぉっ…………て悲鳴が出ちゃうわさ(´д`)

 http://remenovel.com/

『シチリアの熱い風』 第7話を公開しました 投稿日時 - 2017/07/27 20:01

jpg image

羞恥の風 

いつも『羞恥の風』をご愛読ありがとうございます。
尚、管理人様には貴重なスペースを提供していただき、この場を借りてお礼申し上げます。
『シチリアの熱い風』 第7話 (愛と官能の美学 Shyrock様作)を公開しました。

本文抜粋……
久しぶりに会うというのに、すっぴんのままなんて・・・
(少し早めに連絡をくれればいいのに)
私は大きく息を吸って、玄関ドアをノブを握った。
胸の鼓動が自分でも分かるほど、激しく脈を打ってる。
ドアを開けると、そこには懐かしい顔があった。
少し日に焼けたようだが、笑顔はあの時のままだ。
手にはラッピングをした大きな包みを持って立っている。

http://shuuchinokaze.red/

「オタク針」更新 投稿日時 - 2017/07/27 19:46

png image

新・SM小説書庫2 

お世話になります。「新・SM小説書庫2」管理人二次元世界の調教師です。「オタク針 10.オタク針中毒女子高生ハーレム」を更新しました。

 あっと言う間に尻穴の中に射精して奈緒先輩を狂喜させた先生が、なおもガッシリと根が生えたように勃起を続けるペニスを私に向かって誇示した時、私は叫んだ。

「せんせえっ! 私を先生のミルク奴隷にして下さい! 一生お仕え致します」
「これからは、おヨメさんの麗奈たんが1番、奈緒たんが2番、美雪たんは1番身分の低い奴隷でちゅよ。それでもいいんでちゅね?」
「はいっ! 麗奈さんにも、奈緒先輩にもお仕え致しますから、お願いしますっっ!!」
「よちよち、ではボクちんのコレをおっぱいでムギュ、してチュパチュパ、ごっくん、するのでちゅ」
「わかりましたあ!」

 てっきり仲間になるんだと思ってた二人と序列を付けられてしまったが、それすら嫌ではなかった。だって「ミルク奴隷」を志願した私は、乳牛みたいに大き過ぎる乳房から妊娠もしてないのに母乳を出してしまう、嫌らしい女の子なんだもの。先生の前にやって来てひざまづいた私は、中腰になってその巨乳の間にいくらでも射精してくれる素敵な森野先生のシンボルを挟み込む。焼けた鋼鉄のように熱くて固くて逞しいオチンチンが私の胸肉の中で興奮してビクンビクンと脈動を伝え、すでにザーメンと二人の女の子の体液でヌラヌラと濡れ光る鈴口からさらにビュッと透明な液体が噴出すると、私は狂おしい程愛おしくて夢中でムギュムギュと「パイずり」を繰り返し、先生におねだりした。

「せ、せんせえ、チュッチュして、チュッチュ! 私のミルク飲んで下さいいっっ!!」

「悪夢の標的」更新です 投稿日時 - 2017/07/27 12:06
無料レンタル掲示板 Pic-b

未知の星 

[ 編集 ]

お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は、投稿小説「悪夢の標的」第14話をアップしました。

阿久夢の魔手から逃れようと必死にもがくイヴ。
 だが身体の中心部に太い肉杭を打ち込まれ、さらには背中もがっちりと阿久夢の腕に固定されていては逃れるすべはない。
 感じるまいと思ってはいても、体内に沸き立つ何かを抑えることは困難であった。
 欲情とは稀にその女性の意思とはうらはらに一人歩きすることがある。
 身体の奥底からじわりじわりと迫り来る激しい疼きがイヴを包み込んだ。

お時間に、余裕がありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

 
 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  


ちょっと寄り道しませんか?



自撮り・彼撮り・友撮りBBS



お友達掲示板「フェティ子の宴」



当掲示板管理者・愛と官能の美学


熟女 セックス エロ 動画 人妻 巨乳 フェラ レズ 乳首 ニューハーフ 女装 ぽっちゃり 盗撮