[人気キーワード] さだや    顔出し  ぶっかけ  M  下着  JK  js  OL  素人 

官能テキスト掲示板

官能テキスト掲示板

官能小説ランキング
ランキングに参加しています
応援してくださいね!





★当掲示板は、官能小説、恋愛小説、体験談、エッセイ、詩、等テキストコンテンツの更新時のお知らせ、広報活動等にご利用ください。

★メル友募集・SNS勧誘・出会い系サイト、物品販売等の書込みは禁止です。また、無修正画像及び児童ポルノ画像の投稿は一切禁止とします。違反された場合は連絡することなく削除させていただきます。

★貼付できる画像は900k以下で、拡張子はJPG・PNG・GIFです。

★当掲示板では管理人からのレスは付きません。

★当掲示板のご利用にあたって相互リンクの有無は問いません。

当掲示板ご常連サイト様
官能文書わーるど羞恥の風
未知の星ひとみの内緒話
未知の星 別館赤星直也のエロ小説
Mikiko's Roomふたなりレズビアンナイト
濠門長恭の過激SM小説愛と官能の美学

名前 ※
タイトル
メールアドレス
URL
内容 ※ 絵文字入力

文字の色:
編集キー  
※印の項目は必須です。
画像・動画の投稿は書き込み後になります。書き込んだ後に出るフォームから投稿して下さい。
【PR】アダルト画像掲示板を作るならPic-bで!

『奈々子と肥後ずいき』を公開しました 投稿日時 - 2018/06/21 20:31

jpg image

羞恥の風  

いつも『羞恥の風』をご愛読ありがとうございます。
尚、管理人様には貴重なスペースを提供していただき、この場を借りてお礼申し上げます。
『奈々子と肥後ずいき』 (愛と官能の美学 Shyrock様作)を公開しました。

本文抜粋……
奈々子の肌の手入れが終わった後、当然のようにふたりは布団の中でもつれ合いました。
執拗に愛撫を繰返すうち、いつしか浴衣がはだけてしまった奈々子。
白いショーツが眩しく僕の眼に飛び込んできました。
クロッチの上から、擦る、窪ませる、撫でる、舐める……奈々子が濡れるまで多くの時間を必要としませんでした。
ショーツを脱がせた後も、さらにしつこく愛撫を繰返しました。
奈々子の方から「早く入れて……」と言う一言が漏れるまで、じっくりと焦らすことにしました。

http://shuuchinokaze.red/

✩更新しました✩ 投稿日時 - 2018/06/21 13:53
無料レンタル掲示板 Pic-b

ひとみの内緒話 

[ 編集 ]

-----
真夜中の大都会、ビルがひしめく中のあるマンションで、事件が起こっていた…「逮捕せよ!」第4章 第1節をアップしました。
-----
 野口が沖縄でトミーと名乗る男の捜査を始めた頃、再び連続レイプ犯が動き出した。

「ダメだ、オ○ンコしないと気が狂いそうだ!」
 トミーは町中をうろうろして、狙いを定めている。
「いい体つきだな。あいつなら、やりがいがあるぞ!」

 トミーは、後を付けていくが、彼女は付けられているも知らずに、アパートの中に入り、入り口で郵便受けを開けている。

(あそこか、右から3番目だな)
 黙って見ていると、女性は郵便受けから取り出すと、部屋に向かった。

 トミーはその郵便受けを見て「305号室か、独りかな?」
 そっとアパートの周りを調べていく。
「部屋は大きくないし、ここは独り用のアパートだな」
 独りで住んでいるのを確信した。

 部屋を確認終えると、トミーは自宅に戻って準備を始めた。

「よし、もういい時間だ」
 時計は11時を回っており、トミーは荷物を持って家から出て、昼間の狙いを定めたアパートを目指して歩いていく。
「まだ、起きているな。後、2時間は待たないとダメだな…」
 トミーは物陰に潜み、時を過ぎるのを待った。
 
 時間がドンドン過ぎていき、狙いを定めた部屋の電気も消えた。

「よし、そろそろ行くか!」トミーが動き出した。トミーはアパートの階段を昇っていくが、アパートの中は静まりかえっていた。
「もうすぐ、裸にしてやるからな」
 獲物の裸を想像しながら屋上に上った。

「この真下だな。よし、行くぞ!」
 ロープを垂らして、下降をしていく。
 体に巻かれたロープが「シュル、シュル!」と音を立てている。
 トミーはテラスに立つと窓を動かした。
-----

http://marsearthrise.com/

八十八十郎劇場/元禄江戸異聞 根来(六十二)作:八十八十郎 投稿日時 - 2018/06/21 06:23

gif image

Mikiko's Room  

[ 編集 ]

------------------------------------------------------
 薄暗い中にゆらゆらと大石桔梗の顔が浮かび上がる。
「日が短こうなったの」
「はい」
 燭台に種火が移ったことを確かめると、桔梗は欄干にもたれた羅紗に顔を向けた。
「もう京や丹後へ書面は届いたであろうか」
「夕べ夜半には早馬が発っております。もう日が落ちる前には意向が伝わっておることと存じます」
------------------------------------------------------
投稿しました。

八十八十郎さんの創作集『八十八十郎劇場』は、隔週木曜日の投稿です。
どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

更新しました 投稿日時 - 2018/06/21 00:26
無料レンタル掲示板 Pic-b

官能小説ブログ・ふたなりレズビアンナイト 

[ 編集 ]

いつもお世話になっております、
官能小説ブログ・ふたなりレズビアンナイトです。
『アクメ性器舐め回しお掃除責め』
---
温泉に浸かったまま奥様は、だらしなく開かれた私の股座へ身を寄せている。
私の脚が閉じない様に、両手を添えて押さえている。
そのままムチュムチュと音を立てて、達したばかりの私のペニスに吸いついている。
奥様の紅い唇が、ヌルヌルと滑りながら私の亀頭を包み込んで。
卑猥に伸びた唇の内側で、奥様の舌先がヌメヌメと亀頭粘膜に這い回って。
そして大量の精を放ちヒクつく鈴口にも、ぬちゅぬちゅと舌先が入り込もうとして。
---

6月21日(木)
火曜日、木曜日、土曜日、週三回の更新ですので、興味のある方はぜひ。
レズビアン描写メインの、ふたなり小説です。
ねちっこい雰囲気ですが、暗いお話では無いので安心してお読み下さい。
基本的に相思相愛なので、そういうシチュエーションがお好きな方向けです。
(念のため、18歳未満閲覧禁止です)

http://futabian.blog.fc2.com/

官能小説『堕ちたアイドル』 (新作) 投稿日時 - 2018/06/20 21:03

jpg image

愛と官能の美学 

[ 編集 ]

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

官能小説『堕ちたアイドル』
(キーワード:凌辱・羞恥・露出・芸能界)
第1話 「万引き」  赤星直也 作

「何するのよ!」
「いいから、こちらへ来て下さい」
目鼻が整った女性が、警備員の女性に腕を掴まれた。
「私が、何をしたって言うのよ!」
「いいから、来なさい!」2人は粗末な部屋に入った。
「出しなさい。万引きしたのを」
「な、何言っているの、そんな事はしてないわよ」
「嘘は言わないの。ちゃんと見ていたわよ。試着室で着込んだ下着を出しなさい」
「や、やってないわ。万引きなんて…」

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/

『OL・愛の調教』 第4話を公開しました 投稿日時 - 2018/06/20 20:30

jpg image

羞恥の風  

いつも『羞恥の風』をご愛読ありがとうございます。
尚、管理人様には貴重なスペースを提供していただき、この場を借りてお礼申し上げます。
『OL・愛の調教』 第4話(未知の星 赤星直也様作)を公開しました。

本文抜粋……
「ダメ、そんな事されたら、欲しくなっちゃう…」腰を浮かせ、淫汁を流し出す。
(膣が濡れていくわ。膣をなめられると感じるなんて、変態かしら?)疑問に思いながらも、腰を動かしていたが「私にもやらせて下さい…」向きを変えて、富坂の股間に顔を埋めた。
(やったこと、無いけど…)エロビデオでフェラのやり方は知っているが、やるのは初めてだ。

http://shuuchinokaze.red/

✩更新しました✩ 投稿日時 - 2018/06/20 20:11
無料レンタル掲示板 Pic-b

ひとみの内緒話 

[ 編集 ]

-----
6月の美姫、デヴィン−ディバイン−ダイヤモンド。「DDD(トリプルD)」第6節をアップしました。
-----
 このままでは実の母親を犯してしまうかも…!?
 僕を見ないで、微笑まないで、ママ。
 じっとしていて、身体を動かさないで。

 ママがこんなにいやらしい身体をしていた?なんて。
 あああ股を開かないで、僕、こすりつけてもいいの?
 ママがいけないんだよ。

 レイはたまらずトイレにむかった。思い切りしごきたてた己のコック。
 2時間もきばりきっていたのだ。絶頂はあっという間だった。

 5分後すっきりした表情で帰ってきたレイ。
 とりあえずお昼までは大人しくなったレイの分身だった。
 母でオナニーしたのは初めてだった。たまらない背徳感で震えた。
 いやもうデヴィンなのであろうか…レイは悩んだ。

 シャワーを浴びて、昼食をとる。母は新しいアンダーウェアだけの姿だ。
 この上にレオタードをまとう。まだまだ贅肉があるのがわかる。
 彼女は体温計のような器具を腕にあてている。ダイエットの測定器だ。

「どうなの?」
「フフ、肥満度は71。目標は62だからあと少し。肌年齢は35歳だって。」

 うれしそうな母。気持ちが痛いほど伝わる。
 漢方薬とやらのおかげか、宿便や脂肪を体内から追い出した肉体は、同時に小じわや白髪もなくしたようだ。
 体の内側が活性化している証拠だ。
 そういえば昨日軟膏をぬった背中は、シミが消えかわりに張りが戻っていた。
-----

http://marsearthrise.com/

新作です 投稿日時 - 2018/06/20 20:05

jpg image

未知の星 

[ 編集 ]

お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は,Shyrock様作「いや!そんなもの挿れないで」第1話をアップしました。

「あの、ちょっと来てもらえますか」
「え?私がすか?何か忘れ物でもしましたか?」
「ええ。忘れ物です。とにかく来てください」

 忘れ物をした客を呼びとめる態度にしては、不自然でありどこか高圧的であった。
しかし拒む理由もないので衣葡は仕方なく店員の言葉に従った。

 店員の後を追って再び入店すると、その店員はレジー奥のドアを開けて「どうぞ」と案内した。
しかし店員の接客態度が良いとは言えず、衣葡は少し不快さを感じた。

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

官能小説『牛鬼』 投稿日時 - 2018/06/20 16:46

jpg image

愛と官能の美学 

[ 編集 ]

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

官能小説『牛鬼』 (陰陽系ファンタジー)
後編(6) M・Y作

嫌々としていた月讀だが、天照がそう言えば自ずとおとなしくなり、目をつむって恥ずかしそうに頷く。
「…可愛い…俺の、姫…」
そう囁いたやいなや、天照は一気に自分の巨根を月讀の愛液溢れる蜜壷へとぶちこんだ。
「ひっ…ぃいィあぁああアあぁぉアアああぁーーっッ!?!」
甲高い悲鳴。
月讀が白目を剥いて気絶しそうになるが、それを許さないとでもいうように天照が突き上げていく。
「ひぐぅうっ!? あ、あんんっ!」
「果てるまでしっかり締め付けていろ」

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/

「辱めの女子大生」更新です 投稿日時 - 2018/06/20 11:46

jpg image

赤星直也のエロ小説 

[ 編集 ]

お世話になってます「赤星直也のエロ小説」です。
今回は「辱めの女子大生」最終話をアップしました。

「由紀、やらせろ。思いっきりやらせろ!」
「いや、いやー!」(オチンチンが膨らんでいる、カチカチだ!)中山は一気に服を脱ぎ、絨毯に由紀を押し倒して、乳房を鷲掴みしていく。
「許して、もう許して!」わざと手錠を見せた。
「由紀、由紀!」中山の肉竿が由紀の淫裂を貫きだした。

 (オチンチンが入って、膣を擦っていく…)中山は腰を動かしていく。
「だめ。いやです。やめて!」乳首も吸われながら悲鳴を上げた。
由紀の悲鳴で、中山は一気にクライマックスを迎え「うー!」(暖かいわ、暖かい。子宮の中が暖かい…)精液が膣奥に漂っている。

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://akahosi2.blog84.fc2.com/

 
 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  


ちょっと寄り道しませんか?


自撮り・彼撮り・友撮りBBS



お友達掲示板「フェティ子の宴」



当掲示板管理者・愛と官能の美学

熟女 セックス エロ 動画 人妻 巨乳 フェラ レズ 乳首 ニューハーフ 女装 ぽっちゃり 盗撮