[人気キーワード] 緊縛  晒し  JK  パンチラ  BLUE  失禁  ブルマ  ぽちゃ  Garden  ana 

官能テキスト掲示板

















いつもクリックありがとうございます。







★当掲示板は皆様が官能小説、エッセイ、体験談等を無料で愉しんでいただくことを目的としております。

★小説、体験談、エッセイ、詩、等テキストコンテンツの更新時のお知らせ、広報活動等にご利用ください。ただし読書時に課金される等の営利目的利用はご遠慮ください。

★メル友募集・SNS勧誘・その他営利目的の書込みは禁止です。また、無修正画像の貼付は禁止とします。違反された場合は連絡することなく記事も含めて削除させていただきます。

★掲載できる画像は500k以下です。当掲示板では管理人からレスはいたしません。

★当掲示板のご利用にあたって相互リンクの有無は問いません。

名前 ※
タイトル
メールアドレス
URL
内容 ※ 絵文字入力

文字の色:
編集キー  
※印の項目は必須です。
画像・動画の投稿は書き込み後になります。書き込んだ後に出るフォームから投稿して下さい。
【PR】アダルト画像掲示板を作るならPic-bで!

更新しました 投稿日時 - 2018/01/13 01:10
無料レンタル掲示板 Pic-b

官能小説ブログ・ふたなりレズビアンナイト 

[ 編集 ]

いつもお世話になっております、
官能小説ブログ・ふたなりレズビアンナイトです。
『二穴同時責めレズSEX観賞』
1月13日(土)更新しました。

火曜日、木曜日、土曜日、週三回の更新ですので、興味のある方はぜひ。
レズビアン描写メインの、ふたなり小説です。
ねちっこい雰囲気ですが、暗いお話では無いので安心してお読み下さい。
基本的に相思相愛なので、そういうシチュエーションがお好きな方向けです。
(念のため、18歳未満閲覧禁止ですー)

http://futabian.blog.fc2.com/

✩更新しました✩ 投稿日時 - 2018/01/12 20:26
無料レンタル掲示板 Pic-b

ひとみの内緒話 

[ 編集 ]

-----
長編ハードSM小説「落涙の白百合」第16章 第2節をアップしました。
-----
 そんな事は絶対にあり得ないと思う心が、真実を見抜く目を曇らせる。
 寓話『裸の王様』で、王様が裸であることを大人が見抜けなかったのと同様、この会場に於いても、同じ事が起こっていた。

 全裸にボディペイントしただけで動物に扮した少女もおり、それが、遠目にはタイツを着ているように見えた事も災いし、誰一人として少女達が裸であることに気付かなかった。

「さあ、前に進むんだ」

 鞭を手にした3〜4人の少女が現れ、ピシャンピシャンと裸の尻を叩き始めた。
 鞭をあてられた痕が赤く筋を描き、悲鳴が上がる。

 鞭を持った少女達は、支配者の役を割り当てられた女生徒達だ。
 勿論、全裸で、その股間には男性を象徴するシンボルが、隆々と刺さっている。

 客席から声が上がる。

「よく出来ているよね〜」
「鞭が当たると、色がつくようになっているのかなぁ」
「まるで、本当に鞭で叩かれてアザになったように見えるよね〜。」

 廃城への入場の場面が終わると、城内での陵辱シーンに移る。
 舞台の上では、少年役、少女役にそれぞれ擬せられた女生徒同士の乱交シーンが展開される。
 股間にディルドウを装着した少年役の女生徒が、次々と少女役の女生徒を犯して行く。

(と言っても、半分は身体の中に潜っているのだから、犯している様に見える方も、実は犯されている事に変わりは無いのだが。)

 互いに手を縛られ、不自由な体で相手にのしかかり、そして『思い』を遂げる。少年対少年、少女対少女と言うカップルの組み合わせもいれば、一人で何人もの相手をさせられている少女もいる。
 もっとも、輪姦する方もされる方も同じ女生徒なのだから、おかしなモノだ。

 不服従の罪で刑を科せられた設定の少年、或いは少女役の女生徒達がステージ天井から逆さに吊られている。
 呻き声を上げ、本当に辛そうにしている。その口にディルドウがぶちこまれ、激しく出し入れする度に、くぐもった悲鳴が響く。
-----

http://marsearthrise.com/

『クリスマスローズ』 第9話を公開しました 投稿日時 - 2018/01/12 20:12

jpg image

羞恥の風  

いつも『羞恥の風』をご愛読ありがとうございます。
尚、管理人様には貴重なスペースを提供していただき、この場を借りてお礼申し上げます。
『クリスマスローズ』 第9話 (愛と官能の美学 Shyrock様作)を公開しました。

本文抜粋……
遠山は美樹に対しイヴリンの背中に愛撫するよう促し、自身は乳房にむしゃぶりついた。
故意に卑猥な音を高らかに立てて愉悦に浸っている。
イヴリンは遠山の稚拙で下品な態度に顔をしかめた。
乳房への愛撫は美樹のような繊細なものではなく、実に無遠慮で自分本位なものであった。
揉んでは舐めまわし揉んでは舐めまわし…それを幾度となく繰返した。

http://shuuchinokaze.red/

SM系官能小説『闇色のセレナーデ』 投稿日時 - 2018/01/12 15:04

jpg image

愛と官能の美学 

[ 編集 ]

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

SM系官能小説 『闇色のセレナーデ』 
(SM、調教、露出、羞恥) 第3話 「運命の出会い」  
とっきーさっきー作 

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/

☆更新しました☆ 投稿日時 - 2018/01/12 13:22
無料レンタル掲示板 Pic-b

ひとみの内緒話 

[ 編集 ]

-----
息を吞むほどの美少女剣士がむくつけき山賊に捕らえられ…「女武者受難」第10節をアップしました。
-----
 年頃となったありさは若き肉体の炎を鎮めるため寝屋で自身を慰めたことはあったが、よもや愛しい男子(おのこ)と縁を結ぶ前に、野卑な男たちに汚れなき花びらを散らされてしまうことになるとは、何という悲運であろうか。

 ありさは口惜しさで涙が止まらなかった。
 それでも男たちにはどこ吹く風。ありさが泣こうが喚こうが気にも留めず、ただひたすらにありさの肉体を蝕み続けた。

 じんわりとずいき張形から出てくる成分が粘膜を充血させ始め、次第にじっとしていられなくなる。
 ありさは片足吊りの不自由な姿のまま、かすかに欲情の気配を見せ腰をひくつかせ始めた。

「あうっ……うううっ……あぁ……いや……」

 初めての快感に戸惑いながら、ありさはかすかな喘ぎ声を漏らし始める。月明かりが破れた障子越しに小屋の中を照らし、あられもない女武者の姿を浮かび上がらせた。

 徳太郎がゆっくり捏ねるたびにありさの口から漏れる喘ぎ声は大きくなり、自分でも押しとどめることのできない域に達していた。
 ずいき張形は身体に突き刺さって同化した生き物のようにありさの腰ごと揺らし始めた。むずむずと芯から這い上がって来る快感がありさの腰をいやらしくうねらせるのだ。
 ありさが生娘とは思えない反応を示すとますます徳太郎は得意げになりずいき張形を捏ね回す。

「ぐふふふ……生まれて初めて穴を穿られる気分はまんざらでも無さそうだな。ほれほれ穴掘り〜! ズンズン穴掘り〜!」
「いやぁぁぁ……そんな無体なぁぁぁ……」

 徳太郎は上機嫌でずいき張形を操っている。
 他の三人もなぶり方が次第に大胆になっていく。

「さてと、ずいきの成分がかなり浸み込んだようだし、ぼちぼち本物をぶち込むとするか」

 徳太郎がずいき張形を引き抜き濁った太い声でつぶやいた。
 意外にもずいき張形がてらてらと光っている。
-----

http://marsearthrise.com/

「逮捕しちゃう!」更新です 投稿日時 - 2018/01/12 12:32

jpg image

赤星直也のエロ小説 

[ 編集 ]

お世話になってます、赤星直也です。
今回は「逮捕しちゃう!」第21話をアップしました。

神田が、公園から繁華街へと向かうと、行き交う車も多くなり、全裸の4人に気付いたのか「ピ〜」と、クラクションを鳴らしながら通り過ぎていく。
更に、信号待ちで停まると「ヌードよ、性器も見せてる!」「オッパイが綺麗よ。よほど自信があるのね!」女子高生から声が掛けられた。
また中年の男性は、わざわざ車道に出て、乳房と淫裂を見ている。
(そんなとこ、見なくていいのよ!)顔は隠れて見えないが、目尻から涙を流していた。

 しかし、それで許される事はなく、車は遂に町の中を走り出した。
「キャ〜!」「素っ裸だ!」買い物客で賑わう商店街を、乳房と淫裂を晒した4人が、バイクで走る姿に歓声と悲鳴が上がっている。

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://akahosi2.blog84.fc2.com/

官能小説 『悪夢のフライト』  投稿日時 - 2018/01/12 09:54

jpg image

愛と官能の美学 

[ 編集 ]

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

官能小説 『悪夢のフライト』 
(フェチ・羞恥・サスペンス)第21話 「カード決済」 
時遊人 優 作

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/

(画像は相互リンク先「PORNOGRAPH」のCAアンリさん)

長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2432★ 投稿日時 - 2018/01/12 07:36
無料レンタル掲示板 Pic-b

Mikiko's Room  

------------------------------------------------------
「が」

 歩の顔が、無念そうに歪んだ。
 もちろん錯覚だろう。
 意思はないはずだから。

 ゴン!

 額が床に落ちた。
 筋肉の強ばりが一瞬で消えた。
 もう動かない。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

ラヴ・エッセイ「病床の彼女を太筆で……」 投稿日時 - 2018/01/11 22:59

jpg image

愛と官能の美学 

[ 編集 ]

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyrockです。

ラヴ・エッセイ(体験談)『病床の彼女を太筆で……』
Shyrock作

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/

✩更新しました✩ 投稿日時 - 2018/01/11 20:24
無料レンタル掲示板 Pic-b

ひとみの内緒話 

[ 編集 ]

-----
長篇官能私小説「淫妻・麻紗美 第2話」第4章 第1節をアップしました。
-----
「いってきます、おかあさん」
 元気よく声をあげて、瑠里子が玄関を飛び出していった。

 外はもういつ雪が降り出してもおかしくない寒さだったが、十六才の少女には、そんな事は少しも意にかいさずといったふうである。
 最後の一人を送り出し、ひとり家に残った麻紗美は、そんな瑠里子の様子に暖かい笑みを浮かべた。

 小百合の「レッスン」が終わってもう二ヶ月。
 瑠里子は日に日に以前の明るさを取り戻していた。
 こうしてみると、まるであの秋の日の様々な出来事は本当にあったことなのだろうかと考えてしまうほどである。

 一時は、もう二度とこれまでのような幸せな生活には戻れないと思ったものだったのだが、すべては、以前のまま、いや、ある意味では、彼女にとってずっと幸せな生活が始まったのだ。

 麻紗美はそっと居間の壁にかかっているカレンダーを見た。
 今日は水曜日。
 その事を確認しただけで、麻紗美の胸は興奮に高鳴った。
 そう、水曜は週に一度、彼女がやってくる日なのである。

 麻紗美は何かに追い立てられるかのように、慌てて朝食の片付けと掃除、洗濯を始めた。
 彼女は早ければ十時頃にはやってくる。それまでに用事を済ませておけば、それだけ二人の時間をゆっくりととれる。

 清川小百合は、あれ以来、毎週水曜日の午前中に彼女の家にやってくるようになった。
 そして、長いときは夕方の二時過ぎまで、二人は同じベッドの中で抱き合っていたこともある。

 今や、小百合は麻紗美にとって掛け替えのない存在となっていた。
 それは、恋人といっても良かったかも知れない。背徳の同性の恋人。

 今では、麻紗美は自分でも自分が小百合のことを愛していると確信していた。
 そして、小百合もまた彼女を愛してくれている。
 心のどこかでは、これは恭平に対する背信であることを理解していた。

 しかし、世に万百ある不倫の中で、自分のこの気持ちがそれほど悪いほうであるとは思えなかった。
 やはり、何があろうとも麻紗美にとって男性は恭平一人であるし、尊敬もし、愛してもいる。
 でも、それと小百合への思いはまったく別の物である。
 母性愛と異性愛が共存しうるなら、その中に同性愛があってもおかしくはないと思っていた。
 ならば、この小百合への愛は恭平への裏切りに短絡されることはないはずである。

 麻紗美はそう自分を納得させていた。
-----

http://marsearthrise.com/

 
 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  


ちょっと寄り道しませんか?



自撮り・彼撮り・友撮りBBS



お友達掲示板「フェティ子の宴」



当掲示板管理者・愛と官能の美学

熟女 セックス エロ 動画 人妻 巨乳 フェラ レズ 乳首 ニューハーフ 女装 ぽっちゃり 盗撮