[人気キーワード] abn  blue  ラレンズ  モデル  スリップ  ブルマ  ガードル  グラビア  ぶっかけ  熟女 

官能テキスト掲示板










★当掲示板は皆様が官能小説、エッセイ、体験談等を無料で愉しんでいただくことを目的としております。

★小説、体験談、エッセイ、詩、川柳等テキストコンテンツの更新時のお知らせ、広報活動等にご利用ください。「18禁」「非18禁」の別は問いません。ただし読書時に課金される等の営利目的利用はご遠慮ください。

★メル友募集・SNS勧誘・その他営利目的の書込みは禁止です。また、無修正画像、性行為画像(セックス・オーラルセックス問わず)の貼付は禁止としますが、ヌード、キス、抱擁、歓喜の表情等ソフトなものは可とします。違反された場合は連絡することなく記事も含めて削除させていただきます。繰り返し行なわれた場合は然るべき措置をとらせていただきます。

★掲載できる画像は500k以下です。当掲示板では管理人からレスはいたしません。

★当掲示板のご利用にあたって相互リンクの有無は問いません。

名前 ※
タイトル
URL
内容 ※ 絵文字入力

文字の色:
編集キー  
※印の項目は必須です。
画像・動画の投稿は書き込み後になります。書き込んだ後に出るフォームから投稿して下さい。
【PR】アダルト画像掲示板を作るならPic-bで!

長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2283★ 投稿日時 - 2017/06/17 08:14
無料レンタル掲示板 Pic-b

Mikiko's Room 

------------------------------------------------------
「みなさん、よろしいですか?
 布団はもう、すぐ揃いますから」

 残りの2組の夫婦が頷いた。
 茶髪の奥さんが、飛び跳ねるように布団にあがった。
 寝転ぶ。
 子鹿さながらの肢体が、布団に伸びた。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

リアル描写オリジナル羞恥官能小説を読みませんか 投稿日時 - 2017/06/16 18:47
無料レンタル掲示板 Pic-b

月夜桃花の物語 

[ 編集 ]

恍惚の表情を隠しきれず淡い嗚咽を漏らし、濡れ光る蜜襞の肉感の蠢き
甘美で濃い女の淫臭が漂うオリジナル官能小説80作品以上

作品テーマ 露出 痴漢 強姦 獣姦 老人 陵辱 羞恥 人妻 病院 農村

リアル描写オリジナル羞恥官能小説 

「月夜桃花の物語」

「十字架のある学園」更新です 投稿日時 - 2017/06/16 16:46

jpg image

赤星直也のエロ小説 

[ 編集 ]

いつも、お世話になってます、赤星直也です。
今回は「十字架のある学園」第26話をアップしました。

「何も驚く事はないさ。倉橋先生も素っ裸になるんだから」
「そんな、私がヌードになるなんて…」
「イヤとは言わせませんよ。昨日の写真もありますからね」淫裂を露わにした写真を見せた。

「脅迫です、これは脅迫です!」
「何と言われてもいいけど、この写真が表沙汰になるのがイヤだったら早く脱ぐんだ!」水谷は強い口調になっており、それには、早苗も従うしかなく、体を震わせながら脱ぎだした。

お時間に余裕がありましたら、お出で下さい。
http://akahosi2.blog84.fc2.com/

☆更新しました☆ 投稿日時 - 2017/06/16 12:04
無料レンタル掲示板 Pic-b

ひとみの内緒話 

[ 編集 ]

-----
それはペットではない!漆黒の首輪を嵌められた少女「闇色のセレナーデ」第20章第2節をアップしました。
-----
 冷たい路面に上半身を密着させて、千佳は苦しい声を上げ続けていた。
 背中が腰へ向かうほどせり上がって、見よがしに掲げた丸い臀部が可哀想なほど揺すられている。

「和也君、そろそろ散歩を再開させてもいいかな? 素っ裸なメス犬を見てたら、こっちも寒くなっちまって」
「はははっ、確かに今夜は冷えますよね。いいですよ、さっさと退散といきましょうか。おっと、その前にこれを」

 卓造は鎖のリードを右手に巻き付けていた。
 寒さを強調させるように空いた左手は、ズボンのポケットの中へと。
 そして何食わぬ顔で一歩足を踏み出して、和也の思い出し声に止められた。

「ん、これは何だい? 和也君」
「何だいってことは、ないでしょ。これがないと散歩が始まらないことくらい知っていながら。佐伯さんも人が悪いですね」

 渋々ポケットから出した左手に、楕円形のコントローラーが二つ握らされる。

(やはり誤魔化せなかったか……許してくれ、千佳ちゃん)

「やっぱり夜の散歩は寂しいですからね。何かBGMがないと……クククッ」

 二人を先導するように前に立った和也は、手のひらを耳元で翳した。
 早く望みのメロディーを奏でろと催促しているのだ。

 カチッ……! ヴゥーン、ヴゥーン、ヴゥーン……
 カチッ……! ビーンッ、ビーンッ、ビーンッ……

「やぁ、アヒィィッ! 中でぇ動いてぇっ! アソコもぉ……お尻もぉ、ア、グゥゥッッ!」

 四つん這いだった千佳の身体が、電流を流されたようにビクビクと痙攣した。
 ヴァギナとアナルを貫くバイブが、卓造の指によって命を吹き込まれる。
 卑猥な踊りと振動で、柔肉を貪るように残酷な愛撫を開始する。
-----

http://marsearthrise.com/

長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2282★ 投稿日時 - 2017/06/16 07:40
無料レンタル掲示板 Pic-b

Mikiko's Room 

------------------------------------------------------
 吉川さんのご主人の応対に、ほかの2人のご主人方も頷いた。
 佳代ちゃんのお盆に次々と手が伸び、小ぶりの茶碗は、あっという間に飲み干された。

「失礼しまーす」

 部屋の入り口で声がした。
 女将の声だ。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

日々の妄想を形にして(SM小説) 投稿日時 - 2017/06/15 20:57

jpg image

masterblue 

[ 編集 ]

いつもお世話になっております。

本格長編SM小説「新・淫悦への調教」に第56回をアップしました。

その後も、毎日のように舞子の調教は続いた。
ある時はY字型に股を開かれて、逆さづりにされた。
そして、股間に蝋燭を挿し込まれ、火を点けられて、
さらに、激しい鞭打ちに曝された。

体が揺れ、融けた蝋涙が飛び散り、舞子の躰を焼く。
逆さ吊りで、血が頭に集まり、気が遠くなってくる。
そして、鞭の痛さも、蝋の熱さも快感に感じ、
そのまま愉悦の中で、気が遠くなってしまった。

ご訪問をお待ちしています。

http://pettrainer.blog34.fc2.com/

✩更新しました✩ 投稿日時 - 2017/06/15 20:34
無料レンタル掲示板 Pic-b

ひとみの内緒話 

[ 編集 ]

-----
長篇官能私小説「被虐義母 恵美子・第7話」第2章第10節をアップしました。
-----
「俺たち、昼間っからでも全然OKだからさ」
 連れの男も横からそう声をかける。
 二人ともそれまでよりも恵美子の身体との距離をぐっと詰めてきていた。

 理由はわかっていた。彼らは気づいたのだ。
 この露出過多ファッションの美女が、街を歩きながら密かに自分の乳房を弄んでいるということに。

「通してください」
 目の前を動こうとしない男に、消え入りそうな声で恵美子が頼む。
 しかし、その声を聞いても男は瞳をさらに淫猥に輝かすだけだった。

 恵美子は小さく唇を噛んだ。どうすればいいのか。
 信じられないのは、自分の指が今この状況でも勃起した乳首を優しく摘みさすり続けているということだった。

「俺たち、いい仕事しまっせ」
「二人同時なんて、どう? 3P、最高だよ」

 男達はそう言ってお互い顔を見合わせて小さく笑い声を上げた。
 二人は更に彼女に近づいてきて、横に立つ男は今にも恵美子の肩に手を回してきそうな雰囲気だった。

「わ、私……」

 恵美子は伏せていた顔を上げて、初めて男達の顔を見た。
 二人の男がにやけた顔で自分の胸を見ていた。
 彼女が、腕で隠してはいるものの、この繁華街の真ん中で、自らの手で嫌らしく尖りきった乳首を弄って快感を貪っているところを。

 どくん。心臓が激しく鼓動した。恵美子の身体が小さく跳ねた。
 ミニスカートの裾から剥き出しになった白い内股がキュッと押しつけられ膝が崩れそうになる。

「はぅ……」
 恵美子の唇の狭間から熱い息が漏れた。
 今彼女の全身を駆け抜けていったのは、小さかったが間違いのないエクスタシーの波だった。
-----

http://marsearthrise.com/

『少女手コキ音声繁殖所(+ゆっくりボイス)』更新しました 投稿日時 - 2017/06/15 20:33

jpg image

レメの官能小説 

『少女手コキ音声繁殖所(+ゆっくりボイス)』更新!

 車外からは覗かれない状況で
 露出しちゃう+淫語連呼
 可愛いJKに唆されて淫語連呼したい!

 http://remenovel.com/

『シチリアの熱い風』 第1話を公開しました 投稿日時 - 2017/06/15 20:23

jpg image

羞恥の風 

いつも『羞恥の風』をご愛読ありがとうございます。
尚、管理人様には貴重なスペースを提供していただき、この場を借りてお礼申し上げます。
『シチリアの熱い風』 第1話 (愛と官能の美学 Shyrock様作)を公開しました。

本文抜粋……
乳房をしばらく撫で廻した後、乳首に指が掛かった。
人差し指と中指の間に乳首を摘み、コロコロと転がすように愛撫するジョルジョ。
(やることってやっぱり日本の男と同じなんだわねぇ・・・)
唇の中に彼の舌が滑り込んで来た。
柔らかくねっとりとした感触。
私の口内を這い回るうちに私の舌先が当たった。
私も彼に反応するように舌を返す。
舌と舌とが絡み合い、二人の興奮が一層高まっていく。

http://shuuchinokaze.red/

☆更新しました☆ 投稿日時 - 2017/06/15 11:23
無料レンタル掲示板 Pic-b

ひとみの内緒話 

[ 編集 ]

-----
ちょっぴりエッチでラヴラヴな官能ノンフィクション「あんなの日記」第27話をアップしました。
-----
「あぁ・・ん。もっと激しくして〜〜」
 スピードを上げ、彼がすごい勢いで腰を振ると、私のおっぱいも彼の腰の動きに合わせて揺れ、彼の手のひらで乳首が刺激されます。
 私はあっと言う間にイっちゃいました。

 膝を付いていられなくなり、ぺったりうつ伏せになると、彼は私の肩を抱き、一気に突きまくり、イキました。

 体中が痺れて、クリはヒクヒク状態。そっとおまんこに手を当てると、びくんびくんと、手でも感じる事ができました。

 AVを見ながらコーヒータイム。
「あんなちゃん、コーヒーよりも、あん汁飲みたい・・・」って彼。

 ソファーに浅く座り、開脚すると、彼は私の腰に手を回し、ちゅっちゅ始めました。
 私は、彼の髪を撫でながら喘ぎまくり!

 指でクリをいじられ、舌を入れられ、おしりの方まであん汁が伝っています。
 彼の片手がおっぱいを見つけ、乳首をこりこりします。

 ぴちゃぴちゃとえっちな音と、私の喘ぎ声がログハウスに充満する感じ。
 そして、両足をつっぱる様にして、イッちゃいました。

 今度は彼をソファーに座らせて、フェラ。
 上目遣いで彼の顔を見上げると、彼は私の頬を両手で包むと、やさしく髪を撫でてくれました。

「あんなちゃん、俺、もうダメかも・・・」と言うので、ゴムを着けて対面座位で挿入。

 彼は腰に手を当て、もう片手はおっぱいをつかみ、舌をおっぱいの前にぺろっと出して揺れに任せて乳首を舐めます。
 微かに触れたり、きっちり触れたり、気持ちイイの・・・。
 私の動きとは間逆に、下から突き上げられ、私は動けなくなりました。
-----

http://marsearthrise.com/

 
 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  


ちょっと寄り道しませんか?



自撮り・彼撮り・友撮りBBS



お友達掲示板「フェティ子の宴」



当掲示板管理者・愛と官能の美学


熟女 セックス エロ 動画 人妻 巨乳 フェラ レズ 乳首 ニューハーフ 女装 ぽっちゃり 盗撮