[人気キーワード] Garden  スリップ  焼却    レイプ  制服  トイレ  ママ  グラビア  エロティカ 

官能テキスト掲示板

官能テキスト掲示板

官能小説ランキング
ランキングに参加しています
応援してくださいね!





★当掲示板は、官能小説、恋愛小説、体験談、エッセイ、詩、等テキストコンテンツの更新時のお知らせ、広報活動等にご利用ください。

★メル友募集・SNS勧誘・出会い系サイト、物品販売等の書込みは禁止です。また、無修正画像及び児童ポルノ画像の投稿は一切禁止とします。違反された場合は連絡することなく削除させていただきます。

★貼付できる画像は900k以下で、拡張子はJPG・PNG・GIFです。

★当掲示板では管理人からのレスは付きません。

★当掲示板のご利用にあたって相互リンクの有無は問いません。

当掲示板ご常連サイト様
官能文書わーるど羞恥の風
未知の星ひとみの内緒話
未知の星 別館赤星直也のエロ小説
Mikiko's Roomふたなりレズビアンナイト
濠門長恭の過激SM小説愛と官能の美学

名前 ※
タイトル
メールアドレス
URL
内容 ※ 絵文字入力

文字の色:
編集キー  
※印の項目は必須です。
画像・動画の投稿は書き込み後になります。書き込んだ後に出るフォームから投稿して下さい。
【PR】アダルト画像掲示板を作るならPic-bで!

SM小説『ありさ 土蔵の濡れ人形 第二章』 投稿日時 - 2018/05/13 22:08

jpg image

愛と官能の美学 

[ 編集 ]

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyrockです。

官能小説(SM・凌辱)『ありさ 土蔵の濡れ人形 第二章』
第5話「女悦丸」 Shyrock作

 九左衛門の言葉どおり、陰核は硬く大きく勃起して包皮から顔を覗かせていた。
「ああ……つらい……もうだめです……」
 陰核の掻痒感は高まるばかりで、我慢は限界に近づいていた。
 そして、ありさはついに降伏した。
「だんさん……お願いです……何とかしてください……」
 九左衛門がありさの顔を覗き込む。
「何とかしてくださいて、どこをどないして欲しいのんか、はっきり言わんと分からへんがな」

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/

✩更新しました✩ 投稿日時 - 2018/05/13 20:26
無料レンタル掲示板 Pic-b

ひとみの内緒話 

[ 編集 ]

-----
ボクが物心がついた時から、近所の奈美ちゃんとは幼なじみで腐れ縁…「ボクの幼なじみ」第6節をアップしました。
-----
 2回戦、初戦を軽く突破した僕たちは余裕が生まれていました。
 ベンチで打順を待ってると、誰かが女の子が見に来てると言い出したのです。

 見ると数人、見覚えのある顔がありました。
 そんなことボクにはどうでもよく試合に集中していたのですが、勝った帰り道、来ていた女の子の名前をしゃべり始めました。

「誰を見に来たんだ?」と噂が持ちきりで、みんな勝手なことを言い始めたのですが、その中に奈美の名前もありました。

 正直、ビックリして「どこにいた?」って聞くと、一人離れて外野の方って教えてくれたのです。
 他の女の子は、グループでベンチ裏に陣取っていたので、一人離れてた奈美の存在にはぜんぜん気がつきませんでした。
 でもなんとなく他の子を見に来たんだろうと勝手に解釈していました。

 3回戦、今日は試合会場も遠く女の子たちは来ないだろうと言い合っていたのですが、試合が始まる頃、前にも増して女の子たちが増えています。
 ボクがセンター方向に守備に向かう途中、木の陰に隠れる奈美を見つけました。

 性懲りもなくまた来てんだ。しかしなんで隠れたんだと思いましたが、それより試合に集中です。
 さすがにここまで勝ち上がってくると相手も強く、試合は接戦です。

 試合は9−9、最終回5番から始まる打者はファーボールを選びました。
 続く6番7番は凡退ですが、それぞれ進塁ができ2アウト3塁。

 ボクの打順です。監督のサインは『思い切っていけ!』初球を強振しました。

 ボールはピッチャーの頭上を遥かに超えたのですが、当たりが強かったので運が悪かったらセンターライナー、良くてもセンター正面という打球を目で追いかけましたが、なぜか打球を見失い、その先にいた奈美が目に飛び込んできたのです。

 奈美は胸元で両手を握り締め、目をギュッとつぶって何か必死に祈ってるように見えましたが、それにはかまってられません。

 打球を目で探す余裕はなく、『落ちろ! 落ちろ!』ワンバンドになれって必死で思いながら1塁に向かって全力で走り出しました!

 周りでワァーワァーという声が聞こえますが、何を言っているのかさっぱりわかりません。
 1塁手を見ると大きく手を伸ばして、その先はセンター方向を向いています。
-----

http://marsearthrise.com/

今回連載終了のお知らせ 投稿日時 - 2018/05/13 15:00

jpg image

HAKASE(jnkt32) 

いつもお世話になります。今年初来の拙連載「パノラマカーと変な犬」が何とか終了致しました。勝手ながら、月内はお休みを頂く予定。貴サイトには、折々寄せて頂ければと存じます。まずは お知らせまで。

✩更新しました✩ 投稿日時 - 2018/05/13 13:14
無料レンタル掲示板 Pic-b

ひとみの内緒話 

[ 編集 ]

-----
可憐な女子高生の大冒険「恋の奴隷」第15章 第2節をアップしました。
-----
「杏樹様のように素直に受け入れて下さる女性は男の理想なんです。羨ましい限りです、素晴らしいですよ」

 玉木の褒め言葉に照れながらも、杏樹は嬉しかった。仁が歓んでくれるのが嬉しい。
 玉木にもそれをわかってもらえるのが誇らしいような気がする。

「高速を使いますが、4時間はかかります。少しお休みなられても結構ですし、何なら昨夜のご褒美を頂いたらいかがです?」

 そう言いながら玉木はダッシュボード近くのボタンを押した。
 アクリルの板が運転席と後部座席の間を仕切るように下りてくる。
 擦りガラス状の板だ。

「インターホンのスイッチを押さなければ、声も聞こえませんよ」
 機械を通した声が天井のスピーカーから聞こえてきた。

「小さいけれど、密室ですよ、杏樹様」
「気がきくな、玉木」
「お褒め頂き、ありがとうございます。それでは」

 カチリと言う音がした。これで、玉木は後部座席の音が聞こえなくなった。
 後部の窓はレースのカーテンで覆われている。
 特殊繊維なので、外から覗かれても見えないようになっている。

「仁さん?」
 又、甚振られるのだろうか? 杏樹は仁の表情を伺った。

「玉木が言った通りだ。お前は素晴らしい。俺には勿体無いくらいだよ」
「まぁ・・・」

 自分こそ、政財界の若きプリンスであり、裏社会では最高の実力者の仁には相応しくないと思える。
 なのに、こんな風に言ってもらえるなんて・・・杏樹は涙ぐんだ。
-----

http://marsearthrise.com/

「夏の嵐の後で」更新です 投稿日時 - 2018/05/13 12:31

jpg image

赤星直也のエロ小説 

[ 編集 ]

お世話になってます、赤星直也です。
今回は「夏の嵐の後で」第2話をアップしました。

「これだけです、もうありません」
「これで全部か…」呟くように言うと2人を見比べた。
 
 「金がないなら、体をくれ!」強盗は奈々に襲いかかった。
「やめて、いや!」抵抗するがナイフが、奈々のパジャマを切り裂いていく。
「やめて、奈々に乱暴しないで!」洋子も強盗の腕を押さえるが、女のか細い力では何の役目もしなかった。

 「ビリ、ビリ!」パジャマが切り裂かれ、白いブラジャーが切れ目から覗いている。
「やめて、いや、やめて!」そのブラジャーも切られ、白い乳房が強盗の目に晒された。

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://akahosi2.blog84.fc2.com/

「陽だまりの座席から愛を込めて」完結です 投稿日時 - 2018/05/13 10:58

jpg image

未知の星 

[ 編集 ]

お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は、とっきーさっきー様作「陽だまりの座席から愛を込めて」最終話をアップしました。

わたしは甘えていた。
ついでに息を弾ませていた。
その人と目を合わせて、はにかむように逸らせてみせて、胸だけは突き出していた。
陸上選手のフィニィッシュスタイルのように、グッと反らして、おっぱいも乳首も好きなだけ愛撫して欲しくて。

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

「陽だまりの座席から愛を込めて」完結です 投稿日時 - 2018/05/13 10:51

jpg image

未知の星 

[ 編集 ]

お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は、とっきーさっきー様作「陽だまりの座席から愛を込めて」最終話をアップしました。

わたしは甘えていた。
ついでに息を弾ませていた。
その人と目を合わせて、はにかむように逸らせてみせて、胸だけは突き出していた。
陸上選手のフィニィッシュスタイルのように、グッと反らして、おっぱいも乳首も好きなだけ愛撫して欲しくて。

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

✩更新しました✩ 投稿日時 - 2018/05/13 08:47
無料レンタル掲示板 Pic-b

ひとみの内緒話 

[ 編集 ]

-----
ハードSM小説「鮮血の日記 2」第13話 第11節をアップしました。
-----
 苦痛に喘ぎながら、途切れ途切れに答えるアリエラ。
 無表情に頷くと、ミレニアはもう一方の錘へと手を伸ばした。
 乳房裂き器を乱暴に揺さぶられ、引かれる激痛に、アリエラが絶叫を下げて身悶える。

「グギャッ、ギャッ、ガッ、ギイッ、ガッ、千切れッ、ウギャギャッ、ギャウゥッ、ギャアアァッ! グギャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアァァァァッ!!」

 ぶちぶちぶちっと音を立てて引き千切られる乳房。
 凄絶な絶叫を上げ、アリエラがびくびくと身体を痙攣させる。
 失禁したのか、ロバの側面を黄色がかった液体が伝った。
 その凄惨な姿に、思わずといった感じで僧服の男が顔を背け、胸の辺りを抑える。

「魔女であることを、認めますか?」
「魔女じゃ……ない……私は……魔女じゃ……ない」

 表情一つ変えずにミレニアが問いかけ、うわごとのようにアリエラが否定する。
 ミレニアが軽く小首をかしげ、前髪をかきあげた。

「まだ、認めませんか」
「ふふっ、なかなかしぶとい女ですわね、御主人様。それでしたら、そのまま全身を少しずつ切り刻んでいくというのはいかがでしょう? 少しずつ全身の肉を削ぎ取られる痛みに無様に泣き叫び身悶える……その姿はさぞかし見ものかと思いますが」

 クリシーヌがくすくすと笑いながらいかにも楽しそうにそう提案する。
 その台詞に、彼女に背を向ける格好になっていたミレニアがびくっと全身を震わせた。

 ぎゅっと、きつく拳を握ったミレニアへと、それに気づかなかったのか楽しげな笑みを浮かべたままクリシーヌが言葉を続ける。

「最初は強気に抵抗していても、全身を切り刻まれる苦痛の前にはそう長くは耐えられない。やがては無様に泣き喚き、何でも言う事を聞くからもう許してくださいと哀願するように」
-----

http://marsearthrise.com/

長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2519★ 投稿日時 - 2018/05/13 08:25
無料レンタル掲示板 Pic-b

Mikiko's Room  

[ 編集 ]

------------------------------------------------------
 前回のファールカップとは、まったく違うシルエットだった。
 じっとしてくれれば見定めることも出来ただろうが、万里亜の振りは、いっときも止まらない。
 股間の残像が、タクトの軌跡にも似た曲線を描いた。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

官能小説『ようこ寝取られ』など20作品公開 投稿日時 - 2018/05/12 21:27

jpg image

愛と官能の美学 

[ 編集 ]

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyrockです。

旧別館で掲載しておりました投稿小説20作品(『ようこ寝取られ』ほか)を
『投稿官能小説(Back Number)』にて公開しました。

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/

 
 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  


ちょっと寄り道しませんか?


自撮り・彼撮り・友撮りBBS



お友達掲示板「フェティ子の宴」



当掲示板管理者・愛と官能の美学

熟女 セックス エロ 動画 人妻 巨乳 フェラ レズ 乳首 ニューハーフ 女装 ぽっちゃり 盗撮