[人気キーワード] ol    下着  ヤンド  アイドル  フェラ  js  顔出し  サテン  人妻 

官能テキスト掲示板










★当掲示板は皆様が官能小説、エッセイ、体験談等を無料で愉しんでいただくことを目的としております。

★小説、体験談、エッセイ、詩、川柳等テキストコンテンツの更新時のお知らせ、広報活動等にご利用ください。「18禁」「非18禁」の別は問いません。ただし読書時に課金される等の営利目的利用はご遠慮ください。

★メル友募集・SNS勧誘・その他営利目的の書込みは禁止です。また、無修正画像、性行為画像(セックス・オーラルセックス問わず)の貼付は禁止としますが、ヌード、キス、抱擁、歓喜の表情等ソフトなものは可とします。違反された場合は連絡することなく記事も含めて削除させていただきます。繰り返し行なわれた場合は然るべき措置をとらせていただきます。

★掲載できる画像は500k以下です。当掲示板では管理人からレスはいたしません。

★当掲示板のご利用にあたって相互リンクの有無は問いません。

名前 ※
タイトル
URL
内容 ※ 絵文字入力

文字の色:
編集キー  
※印の項目は必須です。
画像・動画の投稿は書き込み後になります。書き込んだ後に出るフォームから投稿して下さい。
【PR】アダルト画像掲示板を作るならPic-bで!

☆更新しました☆ 投稿日時 - 2017/07/18 10:26
無料レンタル掲示板 Pic-b

ひとみの内緒話 

[ 編集 ]

-----
容赦ない性奴隷調教「狙われた美姉妹 VII」第4章 第5節をアップしました。
-----
 狼狽した様子を見せる恵利香に、正代はさらに過酷な言葉を掛けた。

「次にお前が気絶したら、もう気持ちいいおちんちん遊びは終わりだ。最後に素敵な手術をしてやるよ」

 ーー手術ですって!?

 食事を口に運ばれて、しゃべれない恵利香の気持ちを代弁するかのようにゲイボーイ達が言う。

「正代様は、医学の心得がおありなのよ」
「痛くも痒くもないから安心なさい」
「幸せな女の子になれる素敵な手術よ〜 わくわくしちゃうでしょ」

 ーーい、一体、何を……

 恵利香には「幸せな女の子になれる手術」など、想像もつかなかった。
 すると食事を食べさせ終えた陽子が、なだめるように言う。

「大丈夫よ、恵利香ちゃん、心配しないで。恵利香ちゃんが私達の事を忘れないように、記念みたいなもんだから」

「こ、怖いです、ご主人様……」
「余計な事考えないの。さ、忘れて」

 陽子が「クリトレーナー」の揺さぶりバイブ機能を再開させると、たちまち恵利香は何もかも忘れて快楽の極みに溺れてしまう。
 グイグイと力強い股間押し付けはあまりにも浅ましく、口が塞がれていないので、はしたない絶叫が部屋中に響き渡った。
-----

http://marsearthrise.com/

ハーレクイン・エロマンス/幕間『アイリスの匣 #204』作:ハーレクイン 投稿日時 - 2017/07/18 07:26

gif image

Mikiko's Room 

------------------------------------------------------
 得意満面という風情で高く叫ぶ恭子(のりこ)を、笹津由は笑みながらも普段の調子で窘(たしな)めた。

「これ、姫。何をそのように……はしたなき事」
「乳! をのこには、乳がございませぬ!」

 恭子は全く意に介さず言葉を継ぐ。
------------------------------------------------------
投稿しました。

ハーレクインさんの創作集『ハーレクイン・エロマンス』は、毎週火曜日投稿です。
どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

「逮捕せよ!」更新です 投稿日時 - 2017/07/18 06:39
無料レンタル掲示板 Pic-b

未知の星 

[ 編集 ]

お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は「逮捕せよ!」第16話をアップしました。

「野口君、恥ずかしいけどやろうね…」紀子は、仰向けに寝た野口の肉竿を、口に含んだ。
「紀子さん…。そんな事をしたら、膨らんでしまいます…」その通りだった。
肉竿が、また膨らんで「セックスして。多美さんのために…」紀子は、勃起した肉竿を掴んで、馬乗りになり、腰を沈めた。
「うっ!」呻き声を上げながらも、なおも腰を沈めた。
(入った、オチンチン全部が!)その後は、腰を浮き沈みさせていく。
「ダメだ、そんなにしたら、また出ちゃうよ!」

お時間に、余裕がありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

日々の妄想を形にして(SM小説) 投稿日時 - 2017/07/17 21:20

jpg image

masterblue 

[ 編集 ]

いつもお世話になっております。

本格SM小説「新・縄を求めた女」に第3回(立ち縛り)をアップしました。

座ったまま、初めて縄を掛けられた彼女は
徐々に躰が崩れ、艶めかしい縄酔いの状態になってしまいました。

その彼女を彼は立たせて、縁側に連れて行き
夏の明るい中で、廊下で柱に立ち縛りにして
全身身動きが出来ない状態にしてしまいました。

そのまま時が過ぎ、彼女に尿意という
切羽詰ったことが起きてきてしまいました。

ご訪問をお待ちしています。

http://pettrainer.blog34.fc2.com/

『球 淫獣の洞窟』更新しました! 投稿日時 - 2017/07/17 20:41

jpg image

レメの官能小説 

『球 淫獣の洞窟』第七話

 海の日に贈る触手小説っっ!!
 海で美少女にウネウネ絡みつく触手が……
 涼を運んできてくれる、はずっ!(´д`)

 http://remenovel.com/

✩更新しました✩ 投稿日時 - 2017/07/17 20:19
無料レンタル掲示板 Pic-b

ひとみの内緒話 

[ 編集 ]

-----
ちょっとハードな伝奇ノベルス「Night Walkers 1 夜行/百鬼」第3章 第9節をアップしました。
-----
 うねうねと力強く脈動する触手に全身で奉仕しながら、梓は、倒錯した悦びにひくひくと体を震わせた。

(あたしは犬――司も犬――ご主人様に可愛がられて悦ぶペット――)

 奇怪な体液にまみれ、びゅるびゅると透明な液を先端から溢れさせる都合九本の触手が、自分達の主人――
 梓は、暴風のように荒れ狂う快楽の中、目の眩むような喜悦を感じていた。

(こんなに……こんなに可愛がられて……スゴく幸せ……っ!)

 ぶびゅッ! びゅッ! びゅる! びゅるる! びゅるッ! びゅうううぅーッ!

 体の内と外で、触手たちが、一斉に白濁液を放つ。
 腐った果実のような、不健康なまでに甘たるい匂い。
 そんな汚穢な液体を、梓と司は、喉を鳴らして飲み干した。

 どくッ、どくッ、どくッ、どくッ、どくッ、どくッ――

 精液を溢れさせる触手の脈動と、自分の心音が重なる。
 この世の物理法則から外れた、奇妙な拍動――。

 触手を――自分達の主人の体を循環する血液の流れと、自分達の血流が同調する感覚がある。
 自分達とは比べ物にならないほどに巨大で強力な何かと、束の間一体となる、法悦に近いカイラク。

 そして……
 梓と司は、吸血鬼ノインテーターに、自らの未来を削り、差し出したのであった。
-----

http://marsearthrise.com/

「十字架のある学園」更新です 投稿日時 - 2017/07/17 12:07

jpg image

赤星直也のエロ小説 

[ 編集 ]

お世話になってます、赤星直也です。
今回は「十字架のある学園」第39話をアップしました。

「そうは行かないな。10数えるうちに決めないと両方だよ」佐藤はカウントダウンしだした。
「ヌードになります…。だからセックスしないで…」陽子は言いながら服を脱ぎだす。
「私もヌードで…」直美と早苗も服を脱ぎだし、2人ともニンマリした顔になっている。

 やがて、3人は下着も脱いで全裸になった。
「岡崎先生はここですよ」十字架を背にするよう言う。
「もしかして、夏の時と…」
「そうだよ、あのポーズが気にってるんだ。わかっているよね」両腕を縛っていく。

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://akahosi2.blog84.fc2.com/

✩更新しました✩ 投稿日時 - 2017/07/17 11:04
無料レンタル掲示板 Pic-b

ひとみの内緒話 

[ 編集 ]

-----
女一人のふらり旅、下田の海でのエッチな戯れ「下田の海」第19節をアップしました。
-----
 海を眺めながらボォ〜っとしているとお母さんの車が帰ってきたようです。

「さぁ、お手伝いしなくっちゃ」
 立ち上がると「台所はどこ?」
 貴志君も立ち上がって「こっちだよ」

 貴志君の後をついていきました。通用口?

 縁側にお母さんが買ってきたものも置くので「私、運びます」
「あら、じゃぁ、お願い。これとこれ、持って」

 お母さんのあとについて台所に入ると、そこは広すぎて台所というより厨房でした。

「おじいちゃんの代はね、船頭をしていたからみんながここに集まるの。そうするとみんなのご飯しなくちゃいけないでしょう。だから小さな台所では間に合わないのでこんなに広いの。びっくりしたでしょう。ほらこれ1升炊きの釜。いまどきこんなものを家においているところはないわね」

 大きな釜が二つもあります。
 その横には普段も使っている電気釜がありました。

「じゃぁ、これとこれ、適当な大きさに切って、炒め物にするから」

 キャベツやほうれん草、しめじにしいたけ、あらゆる食材を渡されました。量の多さに正直びっくりしました。

「ええ〜ぇ、とっ、とっ、とぉ・・・」
「あっ、すみません。藍沢香央里(あいさわかおり)と申します」
「あっ、ごめんなさい、かおりさんね。切ったらこのざるに入れて洗っといてくれる」

「ハイ、わかりました」
「それと、敬語はいらないから。敬語で話されると調子狂っちゃうし。普段どおり、ここではザックバランにね」
「お気遣い、ありがとうございます」

 お母さんは手馴れたもので次々と食材を調理していきます。

「かおりちゃん、あそこに大きな皿が4枚あるから取ってきて」

 食器棚に向かうとほんとに大きなお皿。
 たぶん30cm‥いや50cmはあるかもしれない大きなお皿です。
-----

http://marsearthrise.com/

長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2305★ 投稿日時 - 2017/07/17 07:54
無料レンタル掲示板 Pic-b

Mikiko's Room 

------------------------------------------------------
「変態……」

 美弥子は、鏡の女にささやく。
 女は、わずかに笑った。
 そう。
 変態でいいの。
 ここは、わたしだけの城。
 本性のわたしを愛撫できる場所なのだ。

「わたしは、変態」

 美弥子は、眼前のディルドゥの構えを変えた。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

✩更新しました✩ 投稿日時 - 2017/07/16 20:17
無料レンタル掲示板 Pic-b

ひとみの内緒話 

[ 編集 ]

-----
可憐な女子高生の大冒険「恋の奴隷」第11章 第12節をアップしました。
-----
 スカートをめくり上げた。和子に指示しておいた、杏樹は太腿までのストッキングをガーターベルトで留めている。
 その上から特注パンティを履いている。股間が動いている。

「おやおや?」 仁はパンティを引き下ろした。
「べちょべちょじゃないか」

 嬉しい事にパンティは蜜で濡れている。スポンジ部分は絞れそうなくらいだ。

「うぁ・・・ご、ごめんなさい・・・」

 謝る事ではないのに、杏樹は申し訳なさそうに顔を染めた。
 これはいい。苛める口実ができた。

「いやらしい子だ。こんなに濡らして」
 わざとため息をつきながら、仁は不平そうな声をあげた。
 本当は歓喜の叫びを上げたいが、そこをぐっと我慢する。

「あぁ・・・許して・・・」

 仁は股間を濡らしている蜜を指ですくった。
 杏樹の香りがする。股間が張り詰め、痛いほどだ。

「俺の言うとおりにしたら許してやる」

 杏樹はイブニングドレスを着ている。ロングではなく、ミディ丈だ。
 若いから、その方が嫌味でないと和子と西嶋が選んだ。

 肩はむき出しで、スパゲティほどの細いストラップでドレスを支えている。仁はストラップを腕の方にずらした。

「あぁ・・・」

 ドレスが腰まで引き下げられる。
 ブラジャーは着けられないデザインだ。上半身はむき出しになった。

「おやおや・・・おっぱいも硬くなってる」

 乳首は興奮で硬く張り詰めていた。桜色の可愛らしい乳首だ。
-----

http://marsearthrise.com/

 
 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  


ちょっと寄り道しませんか?



自撮り・彼撮り・友撮りBBS



お友達掲示板「フェティ子の宴」



当掲示板管理者・愛と官能の美学


熟女 セックス エロ 動画 人妻 巨乳 フェラ レズ 乳首 ニューハーフ 女装 ぽっちゃり 盗撮