[人気キーワード] レイプ  エロ  パンチラ    下着  中出し  Garden  グラビア  輪姦  晒し 

官能テキスト掲示板

















いつもクリックありがとうございます。







★当掲示板は皆様が官能小説、エッセイ、体験談等を無料で愉しんでいただくことを目的としております。

★小説、体験談、エッセイ、詩、等テキストコンテンツの更新時のお知らせ、広報活動等にご利用ください。ただし読書時に課金される等の営利目的利用はご遠慮ください。

★メル友募集・SNS勧誘・その他営利目的の書込みは禁止です。また、無修正画像の貼付は禁止とします。違反された場合は連絡することなく記事も含めて削除させていただきます。

★掲載できる画像は500k以下です。当掲示板では管理人からレスはいたしません。

★当掲示板のご利用にあたって相互リンクの有無は問いません。

名前 ※
タイトル
メールアドレス
URL
内容 ※ 絵文字入力

文字の色:
編集キー  
※印の項目は必須です。
画像・動画の投稿は書き込み後になります。書き込んだ後に出るフォームから投稿して下さい。
【PR】アダルト画像掲示板を作るならPic-bで!

✩更新しました✩ 投稿日時 - 2018/01/06 20:46
無料レンタル掲示板 Pic-b

ひとみの内緒話 

[ 編集 ]

-----
長篇官能私小説「淫妻・麻紗美 第2話」第3章 第4節をアップしました。
-----
 その先にいかなる快楽が待ち受けていようと、これ以上女同士で愛し合うような汚らわしい真似はできない。
 それに、一度なら言い訳も立つし、時間が立てば忘れる事もできるだろうが、もし、今夜もまた彼女に抱かれ、あの背徳の快楽を味わってしまえば、もう後戻りは出来なくなってしまうかもしれない。

 麻紗美は必死で小百合の白い素肌を引き離そうとした。しかし、小百合の力は思ったよりも強かった。
 小百合は麻紗美の首筋に口付けをしながら片手を彼女のブラウスのボタンにかける。

「いや、よしてください、もういやです」

 麻紗美は渾心の力を込めて小百合の身体を突いた。
 さすがにこれには女教師の身体も耐え切れず、小百合はそのまま後ろに飛び、カーペットに尻餅をついてしまった。

「か、帰って。帰ってください」

 麻紗美は自分の胸を抱きしめると、瞳に涙を浮かべながら訴えた。
 小百合がゆっくりと立ち上がると歩み寄ってくる。
 麻紗美はソファの上で震えながら、目の前に無言で立ち尽くす小百合の顔を見上げた。
 途端に、小百合の平手が彼女の頬を打った。

「気取るのもいい加減にしなさい」
 冷たく言い放つと同時に、小百合は麻紗美の腕を捕まえて、彼女をソファから床の上に引きずり下ろし、その身体にのし掛かってきた。

 突然の暴力に呆然としていた麻紗美が再びあらがおうとすると、再びその頬を続け様に殴り付ける。
 静かな居間の中で、平手打ちの音が大きく響き渡る。

「手間を焼かせないで」

 小百合は麻紗美のブラウスの胸元に手をかけると、力任せにその華奢な布地を引き裂いた。
 思わず悲鳴を上げた麻紗美の頬を再び平手が打つ。

 麻紗美の上に馬乗りになった小百合は、前を引き裂いたブラウスの下から現われたブラも、同じように毟るように彼女の身体から取り去った。
 続いて、スカートの下からパンティが膝元まで引きずり下ろされる。

 その頃になって、ようやく頬の痛みを認識し始めた麻紗美は、すでにあまりのショックに抵抗する気力さえ失っていた。
 ただ、涙だけがとめどなく溢れてくる。
-----

http://marsearthrise.com/

硝子の檻〜美獣監禁 投稿日時 - 2018/01/06 13:02

jpg image

Noir by 霧月冴夜 

[ 編集 ]

「おまえは屈辱的な姿を見られて卑猥な言葉でいたぶられるだけでアソコを濡らすマゾ女だ」

繰り返される言葉責めによって次第に自分の昏い被虐願望を目覚めさせる美しい獣。美肢体に降りかかる陵辱は激しさを増してくゆく。

男は栞里の髪を掴み、自分の前に身体を押し出すようにした。目の前いっぱいに広がる外の景色。明るい陽射しが注ぐ住宅街に平和な朝が訪れている。

「言ってみろ。おまえには何が見える?」
「そ、外の・・家・・」
「おまえのみっともない恰好は丸見えだな。獣のように首輪を付けられ鎖で繋がれてる姿が」
「う・・」

男のゴツゴツした指が栞里の濡れた中心に突っ込まれ無造作にかき回すと、グチュとたまらなくいやらしい粘る音がした。

http://blog.goo.ne.jp/baron-noir

✩更新しました✩ 投稿日時 - 2018/01/06 12:29
無料レンタル掲示板 Pic-b

ひとみの内緒話 

[ 編集 ]

-----
薄幸の女子高生ひとみ、叔父の愛を得ようと身体を……「なごり雪」第5章第5節をアップしました。
-----
 ひとみは力なく歩いていた。
 また、幸人にあの館に連れてこられた。

「さあ、どうぞ」

 世話役がにこやかに幸人とひとみを迎える。
 破瓜の瞬間を見せるというショーにいたく感動した会員達から請われ、幸人は再び、ひとみをここへ連れてきた。

 ひとみも恐怖に身体を小刻みに震わせながらも幸人についてきた。
 いやだと叫んで逃げ出したいが、それをしなかった。

 幸人が望む事は全てやろうと決めていた。夢も希望もなかった。
 償いの気持ちだけが今のひとみを生かしていた。

「やあ、いらっしゃい。ようこそ」
 男達が全員、総出で二人を迎える。

「無理を言ってしまいましたな。だが、そのお嬢さんにもう一度、お会いしたかったんですよ」
「いえいえ、こいつは淫乱だからきっと喜んでいますよ」

 幸人の言葉を悲しい思いでひとみは聞いていた。
 そんな事を望んだ事もないし、喜んでもいない。
 だが、幸人がそう思いたいならそれでもよかった。

「そうなの、お嬢ちゃん?」 顔を覗きこまれて聞かれた。

「はい・・・仰せの通りです・・・」
 乾いた無機質の口調でひとみは答える。何も考えたくない。

「楽しいお嬢ちゃんだ」 男達が笑っている。
「それでは早速、始めましょう」
-----

http://marsearthrise.com/

「背徳の家族」更新です 投稿日時 - 2018/01/06 11:52

jpg image

未知の星 

[ 編集 ]

お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は「背徳の家族」第16話をアップしました。

 「母さんも、声を出してもいいよ」
「そうは行かないわ。親子なんだから」郁恵はもう下着を脱いで全裸になっている。
「それじゃ、行くよ」信吾は肉竿を入れて、動かし出すと郁恵はタオルを口の当てて、声を出さないようにしている。
「母さん、心配ないよ、聞こえたって平気さ」肉竿をピストンしながら言うが(聞こえたら大変よこうするしかないの)気持ちよさそうな顔をしながら淫汁を流していた。

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

✩更新しました✩ 投稿日時 - 2018/01/06 08:47
無料レンタル掲示板 Pic-b

ひとみの内緒話 

[ 編集 ]

-----
容赦ない性奴隷調教「狙われた美姉妹 IX」第3章 第7節をアップしました。
-----
 恵利香は数歩歩いて力尽き、ああ〜とやる瀬ない淫声を洩らしながら、ウッとしゃがみ込んでいた。

「恵利香ちゃんっ!」

 妹の身に何が起こったのか理解出来る筈もない香織は心配して声を掛ける。
 が、すぐに恵利香に駆け寄った陽子の言葉は、さらに衝撃的だった。

「あらあら、イッチャッタんだね」

 ガクリとうなだれた顎をしゃくられた恵利香は、いやいやと首を振ってむずかる。

「嘘つきさんはお仕置きだぞお」

 陽子はそう言うと、恵利香を抱き抱えるようにして元に戻していた。

「はい、やり直し。いい、恵利香ちゃん、イク時は大きな声でイク、って言いなさい。それからしゃがんじゃ駄目よ。お姉さんの所まで歩けるまで頑張ろうね〜」

「嫌っ、嫌っ、又イッチャウ……」
「タップリイケて嬉しいね、恵利香ちゃん」

 ーーい、一体これは、どういうこと?……

 性体験に乏しく、自分自身絶頂に達した事のない香織は、妹が苦しめられている「イク」と言う事が理解出来ず戸惑っていた。

 もちろん知識としては知っている。
 が、それは愛する男性と幸せなセックスによってのみ得られる素晴らしい感覚なのではないか。
-----

http://marsearthrise.com/

官能小説『ある農家の慣わし』 投稿日時 - 2018/01/06 08:29

jpg image

愛と官能の美学 

[ 編集 ]

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

官能小説『ある農家の慣わし』
(奇習・禁断・近親相姦・3P)第4話「膣内射精」 
赤星直也 作

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/

長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2428★ 投稿日時 - 2018/01/06 08:15
無料レンタル掲示板 Pic-b

Mikiko's Room  

------------------------------------------------------
「はふぅ」

 トシオくんが吐息を吐き、首をうねらせる。
 美少年の眉に、悩ましげな皺が寄った。
 しかし……。
 かなえは右利きだ。
 どうして、左手で握るのだろう。

「先っちょ、剥くね」

 トシオくんは、カクカクと頷いた。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

更新しました 投稿日時 - 2018/01/06 00:50
無料レンタル掲示板 Pic-b

官能小説ブログ・ふたなりレズビアンナイト 

[ 編集 ]

いつもお世話になっております、
官能小説ブログ・ふたなりレズビアンナイトです。
『性器官を悪戯しつつスパンキング』
1月6日(土)更新しました。

火曜日、木曜日、土曜日、週三回の更新ですので、興味のある方はぜひ。
レズビアン描写メインの、ふたなり小説です。
ねちっこい雰囲気ですが、暗いお話では無いので安心してお読み下さい。
基本的に相思相愛なので、そういうシチュエーションがお好きな方向けです。
(念のため、18歳未満閲覧禁止ですー)

http://futabian.blog.fc2.com/

✩更新しました✩ 投稿日時 - 2018/01/05 20:19
無料レンタル掲示板 Pic-b

ひとみの内緒話 

[ 編集 ]

-----
自宅で一人のときなら、どんな大胆なことでもできます「独り暮らしと私」第5章 第7節をアップしました。
-----
「疼いちゃったんでしょ? マゾだからしょうがないわね。で、イったの?」
「あ、いえ、いいえ・・・」
「イク前にうちらが邪魔しちゃったってワケか? 悪いことしちゃったね」

 ヨシノさん、唇に薄い笑いを浮かべつつ、妙にやさしい口調。

「じゃあさ、つづき、やっていいよ」「えっ?・・・えっと・・・」
「だから、つづき。うちらが見ててあげるからさ。イっちゃいなよ」
「・・・今、ここで、ですか?」「そう」「で、でも・・・」

 ヨシノさんの目がスーッと細くなって眉根が寄りました。

「あのね、ドレイには、でも、とか、だって、とかの言葉は許されないの! マゾ子、さっき教えてやったでしょ? あたしの言葉は全部命令! マゾ子は絶対服従!」
「うちらが来る前にやってた通りに、すればいいだけ。簡単じゃん」

「わ、わかりました・・・」
 ヨシノさんの迫力に気圧されて、観念しました。私の恥ずかしい水溜りがあるシャワーブースに再び入り、奥の壁にもたれ、左手はウェアの上からバストに、右手はスコートの中へ潜らせます。

「やるからには、ちゃんとイキなさいよ? 手を抜いてフリとかしたらまたお尻ひっぱたくからね」
「は、はい・・・」

 もぞもぞと両手を動かしてみますが、なかなか集中出来ません。
 誰かに視られている、という状況自体は、私の性癖にとって嬉しいことなのですが、ヨシノさんたちが、このまますんなり最後まで大人しく私のオナニーを見物しているだけ、とは到底思えないので、その後どうされちゃうのか、そんな不気味さのほうが勝ってしまっています。3人は、それぞれブースの壁にもたれて、ジーッと私を見つめています。

「へー、意外と普通なやり方なんだ。でもちょっとスコートじゃま。マンコが見えない」
「さっきの試合のときみたく、めくりっぱにしなさい。裾挟んで」
 ヨシノさんのご命令口調。

「早いとこマッパにしちゃえばいいじゃん」

 ひとりが笑いながら言うと、すかさずヨシノさんが、「のんのんのーとるだむ。わかってないねー。中途半端にだらしなく服着てるとこが萌えるんじゃん。隠せるのに隠せない、みたいな。ね? マゾ子?」
 私に同意を求めてきます。

「あ、はい・・・」
 私は、いったん指を抜いて、スコートの前と後ろをウエストに挟み込みました。
-----

http://marsearthrise.com/

官能小説 『悪夢のフライト』 投稿日時 - 2018/01/05 16:16

jpg image

愛と官能の美学 

[ 編集 ]

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

官能小説 『悪夢のフライト』 
(フェチ・羞恥・サスペンス)第20話 「最終ゲーム開始」 
時遊人 優 作

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/

(画像は相互リンク先「PORNOGRAPH」のCAアンリさん)

 
 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  


ちょっと寄り道しませんか?



自撮り・彼撮り・友撮りBBS



お友達掲示板「フェティ子の宴」



当掲示板管理者・愛と官能の美学

熟女 セックス エロ 動画 人妻 巨乳 フェラ レズ 乳首 ニューハーフ 女装 ぽっちゃり 盗撮