[人気キーワード] モデル  ママ  アイコラ  コラ  焼却  人妻  熟女  テン  JK  ラヌキ 

官能テキスト掲示板










★当掲示板は皆様が官能小説、エッセイ、体験談等を無料で愉しんでいただくことを目的としております。

★小説、体験談、エッセイ、詩、川柳等テキストコンテンツの更新時のお知らせ、広報活動等にご利用ください。「18禁」「非18禁」の別は問いません。ただし読書時に課金される等の営利目的利用はご遠慮ください。

★メル友募集・SNS勧誘・その他営利目的の書込みは禁止です。また、無修正画像、性行為画像(セックス・オーラルセックス問わず)の貼付は禁止としますが、ヌード、キス、抱擁、歓喜の表情等ソフトなものは可とします。違反された場合は連絡することなく記事も含めて削除させていただきます。繰り返し行なわれた場合は然るべき措置をとらせていただきます。

★掲載できる画像は500k以下です。当掲示板では管理人からレスはいたしません。

★当掲示板のご利用にあたって相互リンクの有無は問いません。

名前 ※
タイトル
URL
内容 ※ 絵文字入力

文字の色:
編集キー  
※印の項目は必須です。
画像・動画の投稿は書き込み後になります。書き込んだ後に出るフォームから投稿して下さい。
【PR】アダルト画像掲示板を作るならPic-bで!

長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2196★ 投稿日時 - 2017/02/15 07:45
無料レンタル掲示板 Pic-b

Mikiko's Room 

------------------------------------------------------
わたしは、ソファーの座面から腰を浮かせた。ファスナーの開いたズボンは、太腿を滑り降り、膝下でわだかまった。「絡まるんで、ズボンも脱ぎます」「……」上履きの踵を踏んで外す。ズボンも、踏みつけて脱いだ。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

✩更新しました✩ 投稿日時 - 2017/02/14 20:55
無料レンタル掲示板 Pic-b

ひとみの内緒話 

[ 編集 ]

-----
それはペットではない!漆黒の首輪を嵌められた少女「闇色のセレナーデ」第11章第2節をアップしました。
-----
 卓造と千佳は、連れ立って駅の構内へと向かった。
 その後ろ数メートル離れた所を、小型のハンディカメラを抱えたマスク男が追尾する。

「千佳ちゃん、どこへ行くつもりだい?」

 ちょうど下り電車が到着したのだろう。
 改札口は降りてきた乗客で込み合っている。
 そんな人波を縫うように歩きながら、リードしているはずの卓造が千佳に振り返っていた。

「いいから、こっちに顔を向けないで。あ、そこの角を左に曲がって、山川デパートに入ってよ」

 しかし、千佳は素っ気なかった。
 駅の構内と直結している老舗百貨店の名前を口にすると、スカート越しに太股に手をやりながらアゴをしゃくってみせる。

(強がりを装っても、やっぱり女の子だな)

 ヒザ小僧を覗かせた今時の女子学生らしいスカートの下は、今日もノーパンの筈である。おそらくブラジャーも……

 理不尽な兄の命令に従う哀れな妹の姿に、卓造の心が痛んだ。
 半面、更に過激な姿を晒そうとしている千佳に、卓造の男がムクムクと反応するのも確かである。

「おじさん、どんどん奥まで進んで」
「わかった」

 デパートの店内に入った千佳は、卓造に向けて指示を飛ばしていた。
 卓造は届かないのを知った上で、前を向いたまま答えている。

 実際のところ。千佳への調教をどうするのか?
 調教師役の卓造自身、知らないのである。

 メールの交換で落ち合う場所は決めたものの、今日一日の行動予定は千佳に任せてある。

 色欲に取り憑かれた和也を納得させるためには、平凡を判で押した卓造には無理と判断したのだろう。
 千佳は自分自身を嬲りモノにするための恥辱プレイを計画して、卓造を伴っているのだ。
-----

http://marsearthrise.com/

『寝取られ男の復讐』更新しました! 投稿日時 - 2017/02/14 20:46

png image

レメの官能小説 

『寝取られ男の復讐』第五話!

 さぁバレンタインデーだ!
 夜通し制服少女を犯し続けよう!

 ……いや、別にチョコ貰った奴は良いんだ、寝てくれ。

 http://remenovel.com/

『白雪百合』 前編(5)を公開しました 投稿日時 - 2017/02/14 20:14

jpg image

羞恥の風 

いつも『羞恥の風』をご愛読ありがとうございます。
尚、管理人様には貴重なスペースを提供していただき、この場を借りてお礼申し上げます。
官能小説 『白雪百合』 前編(4)(ひとみの内緒話 M・Y様作)を公開しました。

本文抜粋……
クリ○リスの回りを、鬼人の指がなぞる。
切れるような悲鳴を上げながら、訳の解らなくなる程感じている百合子は、思わずプライドを捨てて口を動かしていた。
「ぃ…淫乱な…メス…イヌ…百合子…を…アヒッ…ぁ…あなた様のっ、ォモチャにッ…んっ…して…くださぃぃっ…!」
少年の口端が、満足そうに吊り上がる。
「そんなにいうなら、可愛がってやるよ。淫乱」
鬼人の指の動きが激しさをます。
「ァッ…あぁっ!ダメェェッ!」

http://shuuchinokaze.red/

更新しました 投稿日時 - 2017/02/14 18:39
無料レンタル掲示板 Pic-b

官能文書わーるど 

[ 編集 ]

投稿小説
『堕(おと)された完熟桃』6.作者.極楽とんぼさん。

http://kannou.world.coocan.jp/

仮面の女医 更新です 投稿日時 - 2017/02/14 13:56
無料レンタル掲示板 Pic-b

赤星直也のエロ小説 

[ 編集 ]

お世話になってます、赤星直也です。
今回は「仮面の女医」第2話の案内です。

「や、やめて!」道代は実の父親によって生まれたままの姿で奥の座敷に
連れて行かれた。
「いや、いや。やめて!」座敷の鴨居にはロープが垂らされている。
(狂っているわ、お父さん!)道代は一旦、両手を解かれたが再び万歳する格
好で縛られた。
「やめて。正気に戻ってよ、お父さん!」しかし、鉄也は聞き入れる様子など
全くなかった。
両手を縛られた後は、太股にロープが巻き付けられた。
「いや、こんなのいや!」ロープが引かれて道代の股間が丸見えになった。
真っ黒な絨毛の中にピンクの割れ目がある。

お時間に余裕がありましたらお出で下さい。
http://akahosi2.blog84.fc2.com/

☆更新しました☆ 投稿日時 - 2017/02/14 11:01
無料レンタル掲示板 Pic-b

ひとみの内緒話 

[ 編集 ]

-----
学園で織りなす青春群像「School-mate 最終話 春の別離」第2節をアップしました。
-----
「仕立て上げた……って、どうやって?」

「これさ」
 つんつん、と林堂は、自分の弁当を箸でつついた。

「おべんと?」
「食事だよ。食事を部屋に入れるとき、使用人は、ドアの下にある小さなドアを開ける。その時、姫園克己は、使用人に強烈な一撃を見舞った」

「ど、どんな?」
「一番考えられるのは、電気だろう。床を濡らしておいて、導線をむき出しにした電源コードで電気を流すとかな」

「電気……」
「克己にしてみれば、部屋から出ることをまず考えてたんだろう。そして、食事を運ぶ係は、ドアの鍵を持っていた。克己は、使用人を感電させ、食事を差し入れるための開閉部から手を通して、使用人のポケットか何かにあった鍵を手に入れた」

「……」
「が、部屋を出るにしても、使用人の体をそのままにしておいたら、すぐにばれてしまう。犯行時間をごまかすとか、そういうつもりじゃなく、ただ単に脱走をさとられないようにするために、克己は、使用人をベッドに寝かせた。起きて騒いだりしないように、縛るくらいはしただろう。そして、鍵をかけ、どこかからナイフを持ち出し、家を出た……」

「その、縛られた使用人さんを、他の人は、あの人だと思った……ってことね」
「その通り。さて、このことを知った主人夫婦は、息子の犯行を隠すために、その身代わりになった使用人を口止めする。かなりの金を積んだと思うな。けど、その身代わりの方は、もうこんな家に務めるのはイヤだと言ったろう。まともな神経の持ち主なら、そう言うはずだ。それで、姫園家は、使用人の一斉解雇を行う。身代わりだけをやめさせたんじゃ、かえって目立つからな」

「それで……?」
「それでって、謎解きは、とりあえずこれだけさ。あとの仕事は地味だぜ。解雇された当時の使用人の中から、身代わりにされたやつを探す。恐らくは男、もしくは、当時の克己と同じくらいの長さの髪の女だ。ただし、凶暴な息子に食事をさし入れるような役目なんだから、やっぱり男と考えた方が無難だな。幸い、姫園家に務めてた使用人のうち、男ってのは数が少なかったから、追跡はそう大変じゃなかったけどな」
-----

http://marsearthrise.com/

監獄の学園 更新しました 投稿日時 - 2017/02/14 10:42
無料レンタル掲示板 Pic-b

未知の星 

[ 編集 ]

お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は「監獄の学園」第12話の案内です。

「確か、規則集が置いてあったわ」慌てて事実に戻った弘子は
規則集を読むと「そ、そんな。性器を晒すなんて!」体を震わ
せている弘子だ。

「と、とにかく他を読まないと」ますます顔色が青ざめていく。
「ノーパンに、ノーブラなんて」信じられないと言った顔で最後
まで読むと「これって、監獄よ、逃げれない監獄だわ」弘子は叫んだ。

お時間に余裕がありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

 
 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  >>  


ちょっと寄り道しませんか?



自撮り・彼撮り・友撮りBBS



お友達掲示板「フェティ子の宴」



当掲示板管理者・愛と官能の美学


熟女 セックス エロ 動画 人妻 巨乳 フェラ レズ 乳首 ニューハーフ 女装 ぽっちゃり 盗撮