[人気キーワード] jc  ぶっかけ  レースクイーン  制服  Abnormal  人妻    盗撮  JK  レイプ 

官能テキスト掲示板

官能テキスト掲示板

官能小説ランキング
ランキングに参加しています
応援してくださいね!





★当掲示板は、官能小説、恋愛小説、体験談、エッセイ、詩、等テキストコンテンツの更新時のお知らせ、広報活動等にご利用ください。

★メル友募集・SNS勧誘・出会い系サイト、物品販売等の書込みは禁止です。また、無修正画像及び児童ポルノ画像の投稿は一切禁止とします。違反された場合は連絡することなく削除させていただきます。

★貼付できる画像は900k以下で、拡張子はJPG・PNG・GIFです。

★当掲示板では管理人からのレスは付きません。

★当掲示板のご利用にあたって相互リンクの有無は問いません。

当掲示板ご常連サイト様
官能文書わーるど羞恥の風
未知の星ひとみの内緒話
未知の星 別館赤星直也のエロ小説
Mikiko's Roomふたなりレズビアンナイト
濠門長恭の過激SM小説愛と官能の美学

名前 ※
タイトル
メールアドレス
URL
内容 ※ 絵文字入力

文字の色:
編集キー  
※印の項目は必須です。
画像・動画の投稿は書き込み後になります。書き込んだ後に出るフォームから投稿して下さい。
【PR】アダルト画像掲示板を作るならPic-bで!

✩更新しました✩ 投稿日時 - 2018/04/11 08:13
無料レンタル掲示板 Pic-b

ひとみの内緒話 

[ 編集 ]

-----
「プランシェの女」1話読み切りをアップしました。
-----
 佳奈子はプランシェを見た。
 先ほどの赤い唇の女は、隅で横たわっていた。
 男のほうには、他の女が絡もうとしていた。
 その新しい女はプランシェで鑑賞していた一人らしかった。

 女は佳奈子と同じくらいの年齢だろう。
 少なくともさっきの赤い唇の女よりは年齢が上だった。
 やや大柄で、肌はそれほど白くはなく、やや艶を帯びた褐色に近かった。
 太ってはいないが、張りのある体つきであった。

 男女の営みをまじかに見て、たとえ自分で慰めようと、体のほてりが増すばかりであったのだろう。
 男に挑むその姿は、性急さを感じた。

 男が、その女の足を広げる。
 女の腕は男の体を捕まえようとする。
 男は下半身を少し前に進める。
 女は下半身を受け入れる態勢にする。

 女はもう震えている。男がゆっくりと挿入を始める。
 女は受け入れる準備は十分にできているのだが、一か所だけ準備ができていなかった。
 それは、男を受け入れる肉の道が十分に開いていなかった。

 女は男を徐々に受け入れて行くにしたがって、苦痛の表情を浮かべる。男は挿入を少し逆方向へ戻す。
 女の表情から苦痛が減ったのを見計らって、再度挿入の深さを増していく。
-----

http://marsearthrise.com/

長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2496★ 投稿日時 - 2018/04/11 07:33
無料レンタル掲示板 Pic-b

Mikiko's Room  

[ 編集 ]

------------------------------------------------------
 黒谷さんが脚の間から抜けても、浅井さんは仁王立ちの姿勢を崩さなかった。
 どうしていいかわからないようだ。
 困った顔が、思いがけずチャーミングに見えた。
 彼女が殻を脱ぎ落としたら、見違えるほど魅力的になるのではないか。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

『全ての者に愛の手を』 第1章(3)を公開しました 投稿日時 - 2018/04/10 20:32

jpg image

羞恥の風  

いつも『羞恥の風』をご愛読ありがとうございます。
尚、管理人様には貴重なスペースを提供していただき、この場を借りてお礼申し上げます。
官能小説 『全ての者に愛の手を』第1章(3)(ひとみの内緒話 ふるふる様作)を公開しました。

本文抜粋……
「出ますよ。飲んでください!」
ドクンッ
俺は喉の奥限界まで突き入れ、精液を発射した。
「ん〜! うぅー!!」
生臭い精液を喉に出され、眉をしかめながらも一滴も溢さずに口で精液を受け取った。
「ふぅ。あ、まだ飲んじゃ駄目ですよ。口を開けて見せてみてください。」
一美は上を向き口を開ける。口の中には一杯の精液が見える。

http://shuuchinokaze.red/

✩更新しました✩ 投稿日時 - 2018/04/10 12:50
無料レンタル掲示板 Pic-b

ひとみの内緒話 

[ 編集 ]

-----
ボクが物心がついた時から、近所の奈美ちゃんとは幼なじみで腐れ縁…「ボクの幼なじみ」第2節をアップしました。
-----
「じゃぁ、ナミは頭洗ってあげる」というと頭からシャワーがかかったのです。

 女性二人から身体を洗ってくれるなんて今から考えると天国ですが、当時のボクは緊張しっぱなしで身動きできませんでした。
 じっとしているとおばさんが持っているタオルが前に回ってきました。

「あっ、前は自分でするから・・・」
「いいから、いいから、久しぶりにしょうちゃんの体洗ってあげるから、ジッとしていて」て言うのです。

 頭にはナミのシャンプーが・・・、体にはおばさんの石鹸がどんどん襲ってきて身動きできずに、タオルは胸からお腹、太ももから足に移って最後に股間に手が伸びてきました。

 その時、おばさんの手にはタオルが無かったように思います。
 シャボンの付いた手でボクのオチンチンを洗ってくれました。

 ボクはもう恥ずかしさのあまり、身も心もカチンコチンになったのは言うまでもありません。
 ボクがジッと我慢しているとお湯が頭から落ち、一気に泡が流れ落ちました。

「ショウちゃん、見ないうちに大きくなったね。ショウちゃん、いい男になるわ」

 ポカンといしていると「ナミと一緒にお風呂、浸かっておいで」
 ようやく解放されるとナミと一緒にお風呂につかり、まわりに同じクラスの女の子がいないかと冷や汗ものです。

 ナミは比較的堂々としていたのを覚えていました。
 幼心にこれでもう『裸のお付合い』は最後にしようと思ったのはいうまでもありません。

 ボクは小さなオチンチンを隠しながら湯船につかっていました。
-----

http://marsearthrise.com/

「生け贄の婦警」更新です 投稿日時 - 2018/04/10 11:44

jpg image

未知の星 

[ 編集 ]

お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は「生け贄の婦警」第15話をアップしました。

貴子と久美も両手首を縛られた。
それに、足首にもロープが巻き付けられ引かれていく。
地面から60センチ浮いたところで停まった。
「始めてだから、俺がやるぞ!」今まで説明していたリーダーが、ズボンを引き下げ、下半身剥き出しだ。
「痛いが我慢しろ」乳首にクリップが取り付けられ「ギャー!」貴子が悲鳴を上げた。
その後、久美も悲鳴を上げた。

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

新刊発売しました 投稿日時 - 2018/04/10 07:23

jpg image

濠門長恭  

[ 編集 ]

まいど。SMX工房の濠門長恭でおます。
本日発売だす。
DLsiteより「悲剣肌風(巻之二)」
KINDLEより「PLOT集4:時空の彼方の少女たち」
詳細は[硬式]ブログを見てくんなはれ。
「悲剣肌風」はJSものです。
ほな、どちらさんもよろしゅうに。

更新しました 投稿日時 - 2018/04/10 00:46
無料レンタル掲示板 Pic-b

官能小説ブログ・ふたなりレズビアンナイト 

[ 編集 ]

いつもお世話になっております、
官能小説ブログ・ふたなりレズビアンナイトです。
『濃厚二穴責め愉悦ポルチオ絶頂』
4月10日(火)更新しました。

火曜日、木曜日、土曜日、週三回の更新ですので、興味のある方はぜひ。
レズビアン描写メインの、ふたなり小説です。
ねちっこい雰囲気ですが、暗いお話では無いので安心してお読み下さい。
基本的に相思相愛なので、そういうシチュエーションがお好きな方向けです。
(念のため、18歳未満閲覧禁止ですー)

http://futabian.blog.fc2.com/

体験談『レズ』 投稿日時 - 2018/04/10 00:19

jpg image

愛と官能の美学 

[ 編集 ]

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

体験談『レズ』(読切り)
投稿者 美崎

それは中3の修学旅行でのこと・・・
今思い出すとかなり恥ずかしいのです
そして、夜なんですが・・・
まぁ三泊四日で、2人部屋だったんです。
で 私はMっって子と同じ部屋。
最初の夜、ふと目が覚めるとMが私の布団の中にいるんです。
もう私ビックリ;どうしていいかわかんなかったの。
そんな私に彼女は・・・

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。


http://shy8.x.fc2.com/

✩更新しました✩ 投稿日時 - 2018/04/09 20:31
無料レンタル掲示板 Pic-b

ひとみの内緒話 

[ 編集 ]

-----
ちょっとハードな伝奇ノベルス「Night Walkers 1 夜行/百鬼」第9章 第1節をアップしました。
-----
 目の前に、ミアの白い顔があった。
 その瞳が、赤い。まるで血のような鮮やかな赤だ。
 それこそが、ミアの本当の姿なのだと思う。

 そんなことを考えながら、俺は、ベッドに横たわったまま、ミアの頬に右手を伸ばした。
 まるで、陶器のように冷たく滑らかなミアの肌。
 その感触を手の平で味わいながら、ミアの体を引き寄せた。

「ん……」
 唇を重ねる。
 このまま融けてくっついてしまいそうな口付けだ。
 唇を離すと、何とも言えない喪失感が、口元に残った。

「……困ったわ」 ぽつん、とミアが呟いた。
「どうしたんだ?」

「何て言ったらいいのかな……うまく、いきすぎたみたい」
「は?」
「何も覚えてない? 眠ってからのこと」

「……夢を、見たよ」
「どんな?」
「ちょっと説明できないような……変な夢だった。きちんと思い出せない」
「そう……」

 ほっとしたようながっかりしたような、そんな複雑な声音で、ミアが言う。
 外は、もう真夜中だ。いや、明け方に近い。
 どうも、生活のリズムがすっかり狂っている。

 ここにしばらくいれば、どうにかなるかもしれないが……
 しかし、いつまでもこのままでいられるとは思えない。
-----

http://marsearthrise.com/

夜学問 『エッチするときの明るさについて』  投稿日時 - 2018/04/09 18:51

jpg image

愛と官能の美学 

[ 編集 ]

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyrockです。

夜学問 『エッチするときの明るさについて』
Shyrock作

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/

 
 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  


ちょっと寄り道しませんか?


自撮り・彼撮り・友撮りBBS



お友達掲示板「フェティ子の宴」



当掲示板管理者・愛と官能の美学

熟女 セックス エロ 動画 人妻 巨乳 フェラ レズ 乳首 ニューハーフ 女装 ぽっちゃり 盗撮