[人気キーワード] 熟女  jk  巨乳  睡眠  緊縛  アイコラ  ガードル  フェチ  制服  アイドル 

官能テキスト掲示板













★当掲示板は皆様が官能小説、エッセイ、体験談等を無料で愉しんでいただくことを目的としております。

★小説、体験談、エッセイ、詩、川柳等テキストコンテンツの更新時のお知らせ、広報活動等にご利用ください。ただし読書時に課金される等の営利目的利用はご遠慮ください。

★メル友募集・SNS勧誘・その他営利目的の書込みは禁止です。また、無修正画像の貼付は禁止とします。違反された場合は連絡することなく記事も含めて削除させていただきます。

★掲載できる画像は500k以下です。当掲示板では管理人からレスはいたしません。

★当掲示板のご利用にあたって相互リンクの有無は問いません。

名前 ※
タイトル
URL
内容 ※ 絵文字入力

文字の色:
編集キー  
※印の項目は必須です。
画像・動画の投稿は書き込み後になります。書き込んだ後に出るフォームから投稿して下さい。
【PR】アダルト画像掲示板を作るならPic-bで!

『ありさUSJに行こう♪』 第3話を公開しました 投稿日時 - 2017/09/07 19:54

jpg image

羞恥の風 

いつも『羞恥の風』をご愛読ありがとうございます。
尚、管理人様には貴重なスペースを提供していただき、この場を借りてお礼申し上げます。
『ありさUSJに行こう♪』 第3話 (愛と官能の美学 Shyrock様作)を公開しました。

本文抜粋……
「何になさいますか?」
対面から長い髪をポニーテールにまとめた美形のバーテンがオーダーを尋ねてきた。
「そうだね。ありさちゃん、何がいい?」
「う〜ん、軽いめのカクテルがいいな〜。モスコミュールにしようかな?」
「じゃあモスコーミュールとジャックダニエルのダブル水割りをもらおうかな?」
「はい、承知しました。おつまみはよろしいですか?」
「うん、チョコレートくれる?」
「はい、かしこまりました」

http://shuuchinokaze.red/

☆更新しました☆ 投稿日時 - 2017/09/07 13:17
無料レンタル掲示板 Pic-b

ひとみの内緒話 

[ 編集 ]

-----
容赦ない性奴隷調教「狙われた美姉妹 VIII」第2章 第3節をアップしました。
-----
「恵利香さんにお土産をお渡ししましたので、後でどうぞ……」

 ーーやめてええっっ!!

 正代の意地悪い言葉に、恐ろしい調教写真やビデオの詰まった袋を持つ恵利香の手は不自然なくらい力が入り、ワナワナと慄える。

「恵利香っ! ちゃんとお礼は言ったの?」
「……あ、ありがとうございました……」
「すみません、久島様。この子はまだ世間知らずなもので……」

 ーー世間知らずはアンタだよ

 正代の底意地の悪い目線は、自分が巻き込まれようとしている地獄に、寸分も思いが至らない様子の美しい女子大生の、目の毒そのもののような官能的で露出過多な肉体を舐めるように眺めていた。

「それじゃ恵利香ちゃん、又明日学校でね。バイバーイ。」
「それでは失礼致します。」

 小憎らしい程内心を全く表さず余裕綽々の演技を全うした狂った母娘に、コロッと欺された香織は深々と頭を下げて大胆過ぎる胸元からエロティックな膨らみを覗かせていたが、恵利香はいたたまれない思いでただ呆然と立ち尽くしていた。

「恵利香っ! ちゃんと、ご挨拶も出来ないの」

 ーーお姉ちゃんのバカ。人の気も知らないで……

 何も知らない香織が、正代と陽子が帰って行くのを挨拶もせず呆然と見送った妹を叱る。
 恵利香は姉を恨みたい気持ちになってしまった。
 自分はこの美し過ぎる姉を狼達から守るため、死ぬ程辛くて羞ずかしい1週間もの性調教に耐えて来たと言うのに。

 そう。恵利香はいつも優しくて自分の事を考えてくれる、大好きな姉や、そして遠く離れて暮らす両親に絶対に知られてはならないと言う一心だったのだ。
 もしそうでなければ、真っ先に香織に相談して警察にでも駆け込んでいただろう。

 だが、そうすれば、彼らの性調教ではしたなく体を燃やされた自分の生き恥が晒された上に、姉にまで悪魔が陵辱の手を伸ばす。
 そう脅迫された恵利香は自分だけが犠牲になれば良いと思って、超人的な忍耐力を示したのだ。

 もし姉への強い思いがなかったら、恵利香の心も体もとっくに壊れていただろう。
 あんなボロボロにされて今、こうして無事に帰還できたのが奇跡にさえ思われた。

 なのに最後の最後まで、陵辱者たちは自分を楽にしてはくれなかった。
 恵利香は知らなかった。これが最後ではなく、さらにおぞましい恥獄の底への入口だった事に。
-----

http://marsearthrise.com/

「悪夢の標的」更新です 投稿日時 - 2017/09/07 12:08
無料レンタル掲示板 Pic-b

未知の星 

[ 編集 ]

お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回はShy様作「悪夢の標的」第20話をアップしました。

くじは紙片で作られていて人数分束ねてある。それを1人1枚だけ引き当落が決定する。
 来場者は上野が差し出すくじを順番に引いた。

 まもなく1人の男が歓喜の声を上げた。
 男は小太りで血色がよく、頭上はかなり生え上がっている。
 見るからに好色そうな男である。
 引き当てたくじを嬉しそうに掲げて上野の方へ歩み寄ってきた。

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

✩更新しました✩ 投稿日時 - 2017/09/06 22:00
無料レンタル掲示板 Pic-b

ひとみの内緒話 

[ 編集 ]

-----
自宅で一人のときなら、どんな大胆なことでもできます「独り暮らしと私」第3章 第8節をアップしました。
-----
 猫さんて、マゾっていうイメージではないな。
 やっぱりワンちゃんのほうが、ご主人様には従順だからマゾっぽい。
 どうでもいいことを考えながらお洗濯物を干し終え、すぐにキッチンに向かいました。

 大きめのスープボウルを食器棚から出しました。
 この大きさならバナナ2本でも大丈夫そう。
 それから冷蔵庫を開けてホイップクリームの素を取り出し、別のボウルにあけてミルクを注ぎました。

 何本かのワイヤーがまあるくバルーン状になっているホイッパーでシャカシャカシャカ。
 シャカシャカすると、剥き出しのおっぱいがプルプル揺れちゃいます。

 ホイップクリームが出来たので、次はバナナを剥きます。
 2本剥いてそれぞれ真ん中で半分に切り、まあるいスープボウルの四隅に断面を下にして立てて置きました。
 こうしておけば咥えて食べやすいはず。

 スープボウルにミルクを半分くらいの深さまで注ぎ、お気に入りのあんまり甘くないチョコ味のシリアルをひとつかみ、バナナに囲まれた真ん中に投入。
 仕上げに、さっき作ったホイップクリームを絞り出す用のビニールに入れて、全体に満遍なくニュルニュルニュル。

 シリアルはすっかり隠れ、バナナも先っちょがちょっと見えるくらいになっちゃいました。
 あらら、それでもまだけっこうクリーム、余っちゃった。

 スープボウルにこんもり盛られたまっ白いクリームの山。
 これをお顔で迎えにいったら、顔中クリームだらけになるでしょう。

 コメディのテレビ番組でたまに見かける、パイ投げの犠牲者、みたいな自分の絵が頭に浮かびました。
 うん、マゾっぽい。
-----

http://marsearthrise.com/

『塀に囲まれた白百合』 第12話を公開しました 投稿日時 - 2017/09/06 20:16

jpg image

羞恥の風 

いつも『羞恥の風』をご愛読ありがとうございます。
尚、管理人様には貴重なスペースを提供していただき、この場を借りてお礼申し上げます。
『塀に囲まれた白百合』 第12話(未知の星 赤星直也様作)を公開しました。

本文抜粋……
珠美は両腕を赤い紐で縛られ、両乳房の上下にも巻き付けられて、乳房を絞り上げ、天井から吊る下げられている。
「有美がいるの、今日はやめて」
「欲しいんだ、有美のヌードを見たら、珠美としたくなったんだ」
「わかったわ、でも今夜は軽くよ。聞こえるから」
「分かっているよ。まずは、剃るからね」

http://shuuchinokaze.red/

日々の妄想を形にして(SM小説) 投稿日時 - 2017/09/06 17:13

jpg image

masterblue 

[ 編集 ]

いつもお世話になっております。

本格長編SM小説「新・縄を求めた女」に
第19回(肛姦2)をアップしました。

激痛に呻くユミの前で、
ルカはアナルに巌泉の剛直を易々と呑み込んでしまいました。
そして、そこを嬲られながら嬌声を上げ始めていました。

ユミもアナル拡張プラグを抜かれ、
その後に永田の肉棒が差し込まれてきました。
しかし、拡張されたとはいえ初めての経験、
まだまだ狭く、またユミは激痛に苛まれてしまいます。

ご訪問をお待ちしています。

http://pettrainer.blog34.fc2.com/

☆更新しました☆ 投稿日時 - 2017/09/06 13:20
無料レンタル掲示板 Pic-b

ひとみの内緒話 

[ 編集 ]

-----
長篇官能私小説「被虐義母 恵美子・第7話」第3章第11節をアップしました。
-----
 脱いだTシャツを足下に落とし、恵美子は両手を頭の上に掲げた。
 少年たちは今は三人とも手を恵美子の身体から放し、ジッと目の前に現れた彫刻の様な美しい裸体を見つめていた。

「み、見て……お願い。もっと見て、そして触って頂戴」
 恵美子が鼻にかかった弱々しい声でそう懇願すると、その剥き出しの素肌に少年の指が襲いかかってきた。

「はぁ……い、いぃっ……」 押し寄せる快感に、なすがままに漂いながら恵美子は裸身をうねらせていく。

 乳首を両方とも摘み上げられ、振動するバイブをくわえた股間を強く押さえつけられた瞬間、両脚を硬直させ最初の絶頂を迎えた。
 しかし、その後も少年たちの愛撫がとどまるわけもなく、立て続けに訪れる官能の極みに、その回数さえもう判らなくなっていく。

 止めどないアクメの連続がようやく終わりを告げたのは、少年たちの仲間がデッキへとやってきたときだった。

「おい、山西、コーチが呼んでるぞ」
 デッキに顔を突き出すようにして告げたニキビ面の少年の声に、三人は顔を見合わせて恵美子の身体から手を引いていく。
 三人の身体の壁で、彼からは恵美子の姿はまったく見えなかったようだった。

「お、おう、今いくよ」
 山西がそう言って足下に置いてあったスポーツバックを手に取る。
 倉田も山西と恵美子を交互に見ながらバックを持ち上げた。
 もっこが握っていたリモコンを恵美子の手に戻した。

「ちょ、ちょっと待って……」
 恵美子がそう声をかけると、三人の動きが止まった。
 恵美子は、そんな彼らに微笑みかけながら両手を腰に寄せた。

 さっき、倉田ともっこが夢中になって彼女の股間を弄ろうとしていたとき、彼らの半ば乱暴な指の動きの中で、恵美子は感じ取っていた。
-----

http://marsearthrise.com/

「引き裂かれた白衣」更新です。 投稿日時 - 2017/09/06 12:20
無料レンタル掲示板 Pic-b

赤星直也のエロ小説 

[ 編集 ]

お世話になってます、赤星直也です。
今回は「引き裂かれた白衣」第15話をアップしました。

「どうだ、良く撮れただろう」久恵の姿が映っている。
「屋上でヌードを撮ったんだ」奈美は食い入るように写真を見つめている。
「泣きそうな顔になって、裸になった。今度は奈美も取ろうな」
「部屋の中はいいけど、外でヌードはイヤです」

 「何だ、裸を見られるのがイヤか?」
「知らない人ならともかく、顔見知りに見られたら生きていけませんし」
「だったら俺の言う通りにしていろ。そうすれば安全だぞ」
「約束ですよ、ヌードは構いませんが知らない人の前だけですからね」念を押す奈美だ。

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://akahosi2.blog84.fc2.com/

長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2341★ 投稿日時 - 2017/09/06 07:34
無料レンタル掲示板 Pic-b

Mikiko's Room 

------------------------------------------------------
 子供のころから拳法を習ってきた由美にとって、道場での汗は懐かしい記憶だった。
 特に、夏休みの稽古後の汗は凄かった。
 道場に練習生用の風呂は無かったが、真夏の盛りは、道場主が内風呂を使わせてくれた。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

「自衛官の妻」更新 投稿日時 - 2017/09/05 20:45

png image

新・SM小説書庫2 

 お世話になります。「新・SM小説書庫2」管理人二次元世界の調教師です。「自衛官の妻10.司令官の変態プレイ」を更新しました・

「どうだ、凄かったろ? 司令官様のプレイはよ、へっへっへ……興奮したか? 感想を聞かせてくれよ」

 次の週さっそく送られて来たプレイの内容はやはり凄まじいものであった。一言で言えば、最高に過激な無修正アダルトビデオ。登場していたのは司令官と思われる初老でスキンヘッドの白人と、若い二人の黒人男性。さらに体高では彼らにひけを取らない佐々木もちゃっかり参加して、4人掛かりで千恵利に淫虐極まりない陵辱を加えていたのだ。 

 恐らく司令官の趣味は女性を拘束して責めるSMプレイなのだろう。強制的に開口させる金具と鼻フックで美しい顔を醜く変形された千恵利は、M字に脚を開かせる椅子に固定され、二時間ずっと休みなく責められていた。とりわけショッキングだったのは、二人の黒人の巨根で、ビール瓶みたいなと言う形容がピッタリな太さの上異様に長く、これは本当に生身の人間なのか、肉体改造されたモンスターなのではないか、と疑ってしまう程の迫力だった。そして、その二本のバケモノペニスと、そこまでではないが日本人男性では滅多にお目に掛かれない逞しさの司令官、さらに佐々木の持ち物は、閉じる事の出来ない千恵利の口と女性器を代わる代わる飽くことなく犯し続けてはおぞましい粘液を吐き出し、しまいに千恵利の顔から全身がくまなくザーメンパックのような精液塗れに汚されていた。

 
 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10


ちょっと寄り道しませんか?



自撮り・彼撮り・友撮りBBS



お友達掲示板「フェティ子の宴」



当掲示板管理者・愛と官能の美学


熟女 セックス エロ 動画 人妻 巨乳 フェラ レズ 乳首 ニューハーフ 女装 ぽっちゃり 盗撮