[人気キーワード] 下着  緊縛  ぐず  コラ  ママ  フェチ  募集  妊娠  ブルマ  制服 

「未知の星・別館」掲示板

この掲示板は、サイト運営者だけが書き込みできます。運営者以外の書き込みは、見つけ次第、削除しますので、ご承知下さい。
直リンクですと、広告が表示されますので、迂回してます。ご了承下さい。

名前 ※
タイトル ※
URL
内容 ※ 絵文字入力

文字の色:
編集キー  
※印の項目は必須です。
画像・動画の投稿は書き込み後になります。書き込んだ後に出るフォームから投稿して下さい。
【PR】アダルト画像掲示板を作るならPic-bで!

「裸にされた女教師」更新です 投稿日時 - 2018/10/02 12:10

jpg image

未知の星 別館 

[ 編集 ]

お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は「裸にされた女教師」第5話をアップしました。

露わになった股間の絨毛は、石田の言いつけ通りに剃ってあり、絨毛からはピンクの割れ目が微かに覗いている。
マリと公恵は両手を後ろに回し、乳房と股間を晒し、恥ずかしさに顔を背けているが写真部員はお構いなしにストロボを放っていく。
(ヌードを撮られている…)マリと公恵は全身が紅潮していた。

 部室での撮影が終わると、廊下での撮影となった。
(見られてしまう…。きっと、誰かにヌードをみられる…)全身が震えていく中、撮影が行われた。

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp

「淫らなスッチー」更新しました 投稿日時 - 2018/10/01 18:40

jpg image

未知の星 別館 

[ 編集 ]

お世話になってます「未知の星 別館」の赤星です。
今回は「淫らなスッキー」第10話をアップしました。

 それから数日後、智恵が久しぶりの休暇でくつろいでいると、チャイムが鳴った。
「どちら様ですか?」ドアを開けると、恵理と夫の幸正が立っていた。
「珍しいわね。入って!」2人を中に入れると、恵理はいきなり「智恵。幸正にまた抱かれてくれない?」と言い出した。

 「何言うのよ。そんな事、できる訳ないわよ!」
「イヤでもやって貰うわ。私も、中里さんに抱かれるから」
「そう言う事だ。やらせてくれよ!」幸正が智恵に抱き付き「何するの、やめて!」抵抗するが、恵理も加わり智恵の服を脱がせていく。

 「おとなしく、抱かれて欲しいの。私も抱かれるから…」智恵の下着も脱がしだして「イヤ。そんなの、イヤよ!」足をバタバタするが乳房、淫裂が露わになってしまった。
「この前のように、楽しもうよ!」智恵を全裸にすると、幸正も服を脱いで、全裸になった。

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://blog.livedoor.jp/akahoshi_naoya2/

官能小説『時を巡る少女〜アナタのためならエッチな女の子になります』 投稿日時 - 2018/10/01 17:51

jpg image

愛と官能の美学 

[ 編集 ]

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

官能小説『時を巡る少女〜アナタのためならエッチな女の子になります』
(キーワード:ファンタジー・ラヴ・時空・レズ) 
第5話 「抱きしめ合って、絶望の足音を聞いて……」 とっきーさっきー 作 
 
シュル、ファサっと衣擦れの音がして、翔吾は顔を上げた。
真っ白な全裸の素肌を晒した恋人の姿に、涙でしょぼつかせた瞳を見開いていた。
「急いで! 翔くんの……おぉ、オチ○チンで……美桜のアソコ……ううん、オ、オマ○コを突いて……セックスして」
密度の濃い煙の中で、初めて口にした恥ずかしい単語であった。
美桜はベッドの上でしゃがむと、足を大きく開いてみせる。
右腕を股間へと伸ばすと、陰りの中に潜んだ紅い恥肉の溝を拡げた。
「はははっ、さすがは俺の彼女だ。いや、俺の愛する嫁だ。美桜……美桜……」
翔吾も着ていたモノを引き剥がしていた。
筋肉質な裸体を晒すと、美桜が待つベッドへと向かった。

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/

「淫欲の街」更新です 投稿日時 - 2018/10/01 13:05

jpg image

赤星直也のエロ小説 

[ 編集 ]

お世話になってます「赤星直也のエロ小説」です。
今回は「淫欲の街」第18話をアップしました。

「性器じゃないだろう。オ○ンコだ。お前が持っているのは、オ○ンコだろう!」
(そんな、オ○ンコだなんて、言えないわ…)顔をお歪めて黙ったままだ。
「まだわかってないな。それな、らこうだ!」乳首が潰された。

 「見て下さい。私のオ○ンコを見て下さい…」妙子と美香が途切れ途切れに言うが悔しさで涙が流れている。
「そうか、オ○ンコを見て欲しいのか。だったら、中まで見えるように指で広げないとな」
「そうだよ、オ○ンコの中まで見られたいんだろう?」ニヤニヤしながら話し掛けてくる。

 (そんな、性器の中まで見られるなんて…)震える指で淫裂を広げると、ピンクの膣腔や尿道が覗いている。

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://akahosi2.blog84.fc2.com/

官能小説『魔性少女妖子』 投稿日時 - 2018/10/01 12:05

jpg image

愛と官能の美学 

[ 編集 ]

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

官能小説『魔性少女妖子』 
(官能ホラー・魔少女)後編(5) M・Y 作 

「いやぁっ!」
 薫子の悲鳴が部屋中に響く。
 妖子の言う楽しい遊び。
 それの始まりは、紅い紐で体を縛る所からだった。
 無論薫子にもミチルにもそんな知識はないが、SMという言葉に近い雰囲気だった。
 胸を絞り出すように上下に縛られ、Y字バランスを取るように、右足が天井からの滑車のロープに繋がれた。
 どんなに暴れても、股間を隠すことはできない。
 縛られたせいか、それとも妖子に刺激されたせいか、薫子の乳首は解りやすいくらい尖っている。

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/

読み切り「男子均等雇用法」です 投稿日時 - 2018/10/01 10:51

jpg image

未知の星 

[ 編集 ]

お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は読み切り小説「男子均等雇用法」をアップしました。

 「幸正君。どうしてここに来たかわかる?」
「息抜きですよね?」
「そうよ、息抜きなの。幸正君と私の…」胸のボタンを外しだした。

 「あ、明美さん!」
慌てる斉藤に「黙って、見ていればいいの」ボタンを外し終えると、胸を広げた。
ピンクのブラジャーが乳房を覆っている。

 「外して。オッパイが窮屈なのよ」
「いいんですか?」
「いいわよ。フロントだから簡単よ」
「わかりました…」手を伸ばして、ブラジャーのホックを外すと、白い乳房が勢いよく揺れている。

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

「淫欲の街」更新です 投稿日時 - 2018/09/30 16:40

jpg image

赤星直也のエロ小説 

[ 編集 ]

お世話になってます「赤星直也のエロ小説」です。
今回は「淫欲の街」第17話をアップしました。

 「すごいね。婦警さんが、自分でオ○ンコとオッパイを丸出しにするなんて!」
「ホントだよ。記念に撮らせて貰うよ」カメラが構えられた。
「撮らないで、お願いですから!」慌てて背中を向けた。

 「撮りたいと言っているのよ。撮らせてあげなさい。イヤならこれがどうなっても知らないわよ」また写真をちらつかせた。
「わかりました…」力無い返事で項垂れたまま正面を向く。

 「顔を上げなさいよ。それじゃ、記念にならないでしょう!」2人は唇を噛みしめ顔を上げる。
「そんな怖い顔しないで。写真を撮ってあげるんだから」ストロボが瞬いていく。
「しかし、制服姿でオ○ンコとオッパイ丸出しとはな。とても婦警とは思えないよ」ニヤニヤしながら近寄り、乳房と淫裂を触っていく。

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://akahosi2.blog84.fc2.com/

「時は巡りて」更新です 投稿日時 - 2018/09/30 12:16

jpg image

未知の星 

[ 編集 ]

お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は、とっきーさっきー様作「時は巡りて」最終話をアップしました。

ただ前を……一点を見据えたまま、お父さんは扉を開けた。

 その途端、熱風が吹き荒れ、炎の波が獲物を探すように迫ってくる。
前衛に陣取った邪鬼の群れも、それを追い越す勢いで奇声を上げながら飛び掛ってくる。

 お父さんは無言のまま、漆黒の鞘から白銀の剣を抜いた。
天を突くように切っ先を真上に向ける。
荒らぶる炎と邪鬼の大群を前にして、力みのない優美な立ち姿。
その姿が頭上で放つ太陽の輝きと同化し、闇夜が消された。

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

新作「魔法使いコウタ」掲載開始 投稿日時 - 2018/09/30 10:37

png image

新・SM小説書庫2 

お世話になります。

おねショタ近親相姦・寝取られ・催眠・調教・女子高生と要素を詰め込んだ新作
「魔法使いコウタ 1.魔法のオチンチン」掲載を開始しました。

 だけどもう私はコウタの魔法が本物だと認めざるを得ませんでした。だって、アソコを押さえただけで泣きたくなるくらい気持ち良くなってしまい、ヘネヘナと砕けそうになった脚をヨロヨロと何とか前に進める必要があったんですから。トイレに入って水をジャーッと流し、便座に腰を下ろしてすぐに露出させたアソコを触った時の感激と言ったら、もう言葉にならない程でした。エッチな声が出ちゃいそうな口を手で塞ぎ、夢中で初めてのオナニーに没頭します。アソコに指を入れてクチュクチュし、うろ覚えで一番感じる筈の尖りに触れてしまった瞬間に、頭の中が真っ白になりました。

ーーこれがイクって事なんだ。気持ち良過ぎて、ヤバイわ……

新作「汚された白衣」です 投稿日時 - 2018/09/29 12:28

jpg image

未知の星 

[ 編集 ]

お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回から「汚された白衣」の連載を始めました。

「悪いけど、覗いてみよう…」ルミは「見るな!」ときつく言われた2階に下りていくと「あ、あ、あ!」患者の部屋から声がする。
「何かしら?」廊下を降りると、そっと患者の部屋を見つめていた。

 すると「ギー!」ドアの開く音がする。
ルミは体を屈めて、そっと覗くと(そんな!)我が目を疑った。
部屋から出て着たのは、白いストッキングとナース帽だけを付けた依子だった。
乳房はおろか、股間の絨毛が綺麗に剃られていて、淫裂が丸見えになっている。

 その淫裂からは、白い液体が流れており、廊下に置かれたワゴンからタオルを取り、淫裂を拭いていく。

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

 
 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  

熟女 セックス エロ 動画 人妻 巨乳 フェラ レズ 乳首 ニューハーフ 女装 ぽっちゃり 盗撮